竹の子芋   12.18

f0020336_16193164.jpg


 厚木市の友達から、珍しい芋が届きました。
竹の子芋という名前の、八つ頭の仲間で、茎はサトイモそのものです。
芋の部分は、20cm位で茎をむいていくと、
中も芋が詰まっています。
昨日、早速おでんに入れてご馳走になりましたが、
粘りはなく、ほっこりとした食感でとてもおいしいものでした。
皮をむいていると、手がかゆくなりますが皆がおいしいと食べてくれます。
早速お礼の電話で、横手でも植えたいと言いましたら、
この芋を、土の中に入れ保管して、春に掘り上げて定植するそうです。
新聞紙にくるんで、温かい部屋に置いたらこっちでもできないかしら?
やってみます。

 厚木の方では、初夏にジャガイモを収穫して、それから
また植えて、この前収穫したそうです。
ジャガイモを、年配の人たちは2度芋と言いますが、こちらでは
2度は無理です。

 それにしても、大雪です。
我が家は、屋根の雪下ろしを済ませました。

by ellwangen | 2014-12-18 16:37 | 日々の暮らし(食べ物) | Comments(0)
<< 今年もよろしく   1.13  大雪です   12.09 >>