猫の目農政に振り回されて

 国は、20HRをひとつの単位とした集落営農→特定農業団体→
特定農業法人にと、農業を再編したいとして今やっきになり広報活動に
励んでいます。
それに呼応して、あちこちの村で、家々にアンケート調査、座談会や
臨時総会が開かれています。
NHKのクローズアップ東北で、山内水の又集落が集落営農に漕ぎつけるまでの
様子が映し出されていました。
耕作放棄が目立って来て、用水路の維持管理もままならなくなり、
切羽詰った状態に陥っていたので、比較的容易にまとまったと、
平坦地の私達からは思えました。
農家が個々に機械を持つ負担は確かにありますが、丁寧に使って部品交換を
しなければならなくなった時に、その1つの部品はもう製造中止で
すっぽり買い替えるしかないなどの問題点について、農水省は何もしません。
そこが改善されれば、農業生産費は30%くらいに落ち着くのでは。
農協の整備課でも、動かなくなった機械をその為に数台は捨てないで置いて、
そこから、必要な部品を抜いてくれたり、探してくれたりしていますが、
限界があります。
そこを改善してくれればかなり、農業の収支は良くなります。
ドイツの農家に泊まったときに聞いたのですが、
50年間、部品は作らなくてはいけないという法があるそうです。
 
 県や市でもかなり焦って、立ち上げにやっきになっています。
今まで経済はどんぶり勘定で、酒飲み日本一に貢献してきたあきたの
男性農業者はリーダーにはなれたとしても、法人化した企業の会計者に
はどれくらいの適任者が、果たしているだろうかとかなり不安です。
もし失敗したら吸収されて、淘汰された優秀な法人だけが生き残り、
国はその事は、十二分に承知して待っているでしょう。

 今まで農業には認められていなかった、積み立て準備金が組織には
今度認められ課税から外されるようになったからと、
通知が役所から昨日届きました。
全く見切り発車で、あとからおまけ?がついてきて、説明会か秋田市の
ホテルでした。
私もまだまだ分からない事が多くこの件につきましては、また報告します。


by ellwangen | 2007-01-10 21:09 | Comments(2)
Commented by タガヤーン at 2007-01-14 23:29 x
農家の農作業を支援しようと肥料散布の機会を発明した大山町農協の視察が思い出されます。農協がしっかり農家の応援団でしたね!どこかでは立派な建物を建ててますが心配です!
Commented by ellwangen at 2007-01-15 15:16
 投稿ありがとうございます。
そうなんですよね、この事につきまして、また書きたい事が浮かんできましたので、夜に本文に書きます。
<< 自分の農協だけれども ネットの密かな‥‥ >>