ハミングバード  8.19

  メリーランドのShunさんから、
お盆にお便りをもらいました。
連日、お赤飯作りで暑さと重さと格闘している身には、
一服の清涼剤となり、心が和みました。
あちらには、お盆の習慣はないとの事。

 庭の水場にやってくるハミングバードだそうです。
鳴き声を聞きたくて、動画を探して確かめました。
やはりきれいな声、日本ではハチドリという名前で
聞いたことがある鳥でした。
ホバーリングしながら、長いくちばしを花に差し入れ、
蜜を吸っている様子を、映像で見たことがあります。
ジャングルに住む鳥かしら、と勝手に想像していました。
f0020336_14415030.jpg
そこで、どんなお花の蜜を吸うのかしらと、メールしたら、
こちらでもよく見かけるニチニチ草でした。
可愛いですね。


f0020336_14445550.jpg



# by ellwangen | 2017-08-19 15:08 | メリーランド便り | Comments(0)

お盆の赤飯   08.14

 12,13の両日は、赤飯作りに追われました。
業者の赤飯が山積みにして販売されていますが、
お客様は、まずは直売コーナーに寄ってくれます。
着色料のない、昔からのナラジャアズキで色をつける
赤飯ですし、そして安いです。

 また今年もナラジャアズキの収穫が始まります。
明日からでもとりかからなくてはいけないのですが…





f0020336_20412298.jpg
 一度の収穫できればいいのですが、次々と時間差で結実しますから、
地力があれば、霜が降りるまで収穫時期が長くなります。

    同じ画像をまた載せてしまいましたが、削除の仕方が
   わからない???ごめん

f0020336_20412298.jpg

 こちらの菊は、茄子の花寿司用です。
かつてはどこの家庭でも、冬用の保存食として漬け込まれていましたが、
甘くてしょっぱくて、現在は体のことを考慮してあまり漬けられて
いません。
絶やしてはいけないと思い、手入れもろくにしませんが、
畑の隅で咲き誇っています。
お墓のお供えに花に使えるかも、と写真を
写しながらひらめきました。


f0020336_20553489.jpg


# by ellwangen | 2017-08-14 20:57 | Comments(2)

岩木山   7.24

 22日(土)から23日(日)にかけての、
秋田県の豪雨には驚かされました。
 横手は空が破けるような集中豪雨はないから、
多少の雪下ろしの辛さは、我慢しなければ……。
そう思っていましたが……。

 親戚のご主人の奥さんの実家、大森の八沢木ですが、
避難して、家はかなり傷んでしまったそうです。
同じ八沢木の知人の田んぼは、
2HRが泥や砂が流れ込んでしまったそうです。
きれいな景観で知られた田んぼでした。

 私は、山の会の仲間と22日の早朝、
岩木山に登るため、バスで向かっていました。
岩木山神社でお参りをしてから登頂を断念しました。
(ここらあたりでは、
雨具を着なければならない様子は
なかったのですが、リーダー達があちこちに
連絡を取り、リフトも止まっていることなどで決定)

 急遽、羽後交通さんの計らいで、
ミステリーツアーとなり、皆大喜び。
田舎館村の田んぼアートを見学。


ヤマタノオロチ
f0020336_15324192.jpg
      
     スサノオノミコト
f0020336_15330970.jpg
間違えてまた掲載(削除の方法が不明)

f0020336_15324192.jpg

11品種の稲を使っているそうで、
村の庁舎の4階から見て、ちょうど良く見えるような、
遠近法で描かれているそうです。
6階から見れば、上下に引っ張られて伸ばしたように
見えてしまうそうです。

 田んぼの横で見れば、
f0020336_16082604.jpg

さっぱり、わかりません。

 田舎館埋蔵文化センター


f0020336_16123684.jpg

f0020336_16131664.jpg

  
f0020336_16384090.jpg
 沢山写ればよかったのですが、よく写っていません、残念。
子供や大人が、楽しく作業しているように見えました。
足跡はあっちを向いたり、こっちを向いたり。
「何の作業ですか?」
学芸さんはわかりませんとの事。
私には、早春のタニシ採りに興じている親子が
浮かんできましたのでそう伝えました。
1枚の田んぼが6畳間位でしょうか。


f0020336_16135270.jpg

f0020336_16142941.jpg

f0020336_16151512.jpg


 弘前城では天守閣がポツンと、別の場所に置かれて、
石垣ができるのを待っていました。
レゴブロックの様。
f0020336_16173067.jpg
 夜、
 横手の被害の様子が、それぞれの携帯に入ってきて、
翌日の青森側の白神登山を中止して、日曜日の朝、
お昼前に横手に戻りました。

 会長さん、リーダーさん達、
留守番の連絡係りの、鈴木前会長さん、
大変なご心配と、ご苦労をされたと思います。
無事に帰れる事ができ、
みなさんありがとうございます。
岩木山は近いから、またいつか行けるでしょう。



# by ellwangen | 2017-07-24 16:30 | 山のあれこれ | Comments(0)

暑いなぁ   7.17

 秋田内陸南部の大雨の警戒情報が出たので、
心配していましたが、大事にならずに安心しました。

f0020336_21052022.jpg
 連日のクソ暑さとしか言いようのない中、
絶望状態の心地で復旧作業をしている
九州の方達を思うと……。
日田市には行ったことがありますが、
独特の趣のある街でした。

 さて明日、私の工房に
農協が撮影したいとの事で来られます。
農協組合員は、今は米だけではなく、
様々な分野の農業生産者ですが、
お互い、他の部門のことはよくわかりません。
食品加工についてはどうなっているのかな?と
直売の会に集会が近い内に開かれますので、
理解してもらうための資料の一環です。

 工房をこちらに移してまだ3年目ですが、
いらないものがいっぱいありました。
サンプルの、包装のケースやパックなど、
これはいいと買ったが、ダメだった容器、
でも捨てられないから、別の棟に移動。
焼き餅を焼くホットプレートをネットで見つけました、
大きくてしかも安い。
使ってみたら、保温と280度が同じ温度で
表面のコーテングがすぐはがれました。
典型的な安物買いの銭失いでした。
こちらは簡単に処分決行。
あれやこれで数日かけ、
映像で、すっきり清らかに清潔感がでるように片づけました。


 


# by ellwangen | 2017-07-17 21:20 | 日々思う事 | Comments(0)

田部井さん   6.27

 7月号の「文春」に、
女優の市毛良枝さんが、亡くなってしまった登山家の
田部井さんを偲ぶ文章を載せていました。
神室山に登った時に、
症状は決して芳しくはなかったのですが、
ゆっくり登られて登頂されたそうです。
地元の山岳会が歓迎してくれて、
頂上まで炊事の荷物を担ぎ上げ、
きりたんぽ鍋などの、地元のご馳走をふるまわれ、
大変に田部井さんは喜ばれたそうです。
市毛さんも感謝の気持ちを込め、
書かれていました。

 これを読み、これは横手山岳協会の会員でもある、
湯沢の高橋Eさん達のグループのことでは
ないかしらと思い、
日曜日に、真昼岳で一緒でしたから話しました。
彼は、山の帰りに本屋に寄り買って読んだそうです。
「懐かしいなぁ」。と喜んでいました。
神室の頂上小屋には、その時の写真が飾ってあるので、
案内するから行きましょうと、誘っていただきました。

 神室は、ヨーロッパアルプスの雰囲気がある、
おおらかで、アルプホルンが聞こえてきそうな
素敵な山です、しかし難儀な山です。

 田部井さんがヒマラヤ登頂後に、
横手のセントラルホテルでの講演会に行き、
拝見しました。
小柄でほっそりした方で、飾らない素敵な方でしたね、
ご冥福をお祈りします。


# by ellwangen | 2017-06-27 16:06 | 山のあれこれ | Comments(2)

真昼岳で靴が    (6.23)

 昨日は山の会で、真昼岳(1059,9m)に登ってきました。
赤倉登山口からの登りで、私には初めてのルートでした。
善知鳥口や、峰越口からは若い頃経験していました。
標高差800mを登りが4時間、下りが3時間かけて、
ゆっくり歩きました。
最初は沢を歩き、杉林、ブナの森、竹林と進みました。
晴れに近い曇りの、茂みの中の登攀でしたから汗がしたたり落ち、
塩分や水分を意識して補給しながらのこまめな休憩をとり、
無事頂上に着きました。

f0020336_17352433.jpg

f0020336_17354823.jpg

f0020336_17360604.jpg
f0020336_17365044.jpg
頂上のお社が見えてきました。頑張ろう。




f0020336_17372311.jpg



 ゆっくり昼食をして、
下山し始めて間もなく後ろを歩いていた仲間が、
「右の靴」と声をかけてくれました。
紐が緩んでいるのかなぁと見たら、
つま先の靴底がはがれ始めてバクバク。
紐とテーピングで補強してもらい、支障なく歩けました。
その後30分程して、
今度は左足の土踏まず辺りがはがれ始めていました。
再度テーピングしてもらい、無事下山。
沢を何回も渡渉したのですが、
テーピングはしっかりと貼りついていてくれて、丈夫でした。
みなさんに時間を取らせてしまい、
テーピングをしてくださった方達にもありがとうございました。





f0020336_17373730.jpg
記念にパチリ
何だか傷病兵の様…
自分にこんな事が起きるなんて…
それにしても、 これが、山小屋泊まりを控えている途中の出来事だったら。
新しいのを買います。


同じ日に両方はがれるなんて、聞いた事がありません。





# by ellwangen | 2017-06-26 18:06 | 山のあれこれ | Comments(0)

ジャガイモ   6.20

 昨日、小屋を掃除していたら、
発芽しているジャガイモが、2個物陰に転がっていました。
楕円形でしたから、メークインの様です。
ごみ箱に捨てかけたのですが、
ダメ元で植えてみる事にしました。
芽をそれぞれに着くように切り、傷口を干して植えました。
(キタアカリなどの芽吹きの早い品種でしたら、
芽は、モヤシのように1mも伸びきって、
芋の栄養成分は吸われてしまい、
しなびきっていたことでしょう)
成長する様子を、届けられたらいいのですが。
f0020336_15545189.jpg


# by ellwangen | 2017-06-20 15:57 | 畑のこと | Comments(0)

バラが咲いた   6.19

 今年は、畑の野菜は中々成長してくれません。
オクラ、モロヘイヤは特に遅れていますが、
今週はお日様に恵まれそうで、期待しています。

 バラが盛りと咲いています。
例年、手入れの方法も知らずに植えっぱなしで、
憧れて買った蔓バラは、地面を這うようになってしまい、
連れ合いに、草刈機で地際からバッサリ切られてしまっていました。
そこで冬の間、テキストを買い剪定の基本を読んだのですが、
難しい…。
でも何もしないよりは、良い結果がでました。
f0020336_18003893.jpg
f0020336_18032580.jpg


f0020336_18044487.jpg



 数日前、市内の「ローズガーデン西野」を見学する機会を得ました。
うっとりするほどの品種の多さと、豪華さに圧倒されました。
バラの作業は、大変危険でもあるそうです。
優雅に女性がたしなむような印象ですが、
蔓バラの5年もたつ茎を、横にもっていく作業などは、
男性でも一人では危険との事。
矯める作業中に反り返り、バーンと顔に直撃したら大惨事になるそうです。
棘のことだけを考えていましたが、そうだったのかぁと納得。





# by ellwangen | 2017-06-19 18:07 | 花と遊ぶ | Comments(2)

同級会   6.04

 昨日は駅前のホテルで、高校時代の同級会でした。
県内に住む、毎回参加する人だけに声掛けした、
11名のミニミニ同級会です。
メリーランドのSHUNさんも参加して、楽しい時を過ごしました。
古希間近ですが、心はあの頃のままです。
いっぱい笑って、思いだして、ストレスゼロになりました。
早い再会を約束して別れました。

 畑のイチゴがようやく食べられるようになりました。
今が路地栽培の旬です。
年中あるので、わからなくなってしまいます。



# by ellwangen | 2017-06-05 20:33 | Comments(0)

山登り 5.21

 昨日、21日の日曜日は、
山の会で、岩手県区界(くざかい)高原に行き、
岩神山から兜明神岳に向かって縦走してきました。
ダケカンバの明るい森や山で、ブナの森とはまた違った
明るい開放的な登山が楽しめました。
登山道の要所要所に、1斗缶と棒が木に吊るされていて、
ガンガン叩きながら進むようになっていました。
ザックに付けている温度計は28度。
さわやかな風が吹いていて、暑さは気になりませんでした。

f0020336_19423907.jpg




f0020336_20340718.jpg
f0020336_19444193.jpg
f0020336_19432906.jpg

# by ellwangen | 2017-05-22 19:55 | 山のあれこれ | Comments(0)