カテゴリ:山野草と樹木( 8 )

クラブアップルの木   9.22

 もう明日は、彼岸の仲日。
今朝は霧の朝で、お天気が良くなりそうです。
一昨日の午後3時半頃の、激しい暴風雨には驚かされました。
孫の保育園では、理事長さんの住まいの木が倒れ、
教室の窓が割れ、数人の子供たちが怪我をしたそうです。
私の隣家ではアンテナが壊れ、直売の仲間たちの畑も散々
との事でした。
我が家の畑も、野菜たちは東側に向かってなぎ倒されていました。
支柱を立てたりしましたが、自然相手ですから、
なるようにしかなりません。

 アメリカの絵本作家、ターシャ、チューーダーさんの写真集を、
いいなあ、と憧れながら見ていました。
彼女の庭に咲き誇る大木の、クラブアップルの木が見事で、
欲しいと思っていました。
ネットであちこちの種苗店を探しても、売り切れ状態。
書き込みを見れば、私の様にターシャさんに憧れての事でした。

 今年の春、北上のスーパーで偶然見つけ、
しかも格安の500円台。
肥やしをたっぷり入れて、工房で仕事をしながら
眺められるよう、わくわくしながら植えました。


f0020336_06455790.jpg
 50㎝位の苗でしたが、もう窓から葉がそよいでいるのが
見えます。
来年はエンジの花が咲くかしら……、楽しみ。

 壁からは2M位しか離れていません。
アレッ、雪や大風の時どうする??、
あの大風を思い出しました。
そこまで、思い至りませんでした。
大木になってしまった庭木を切る作業に、かなりの費用をかけて
いるのを近所で見ています。
引っこ抜くのも惜しいし、剪定で小さくしたらいいのか、
根切りをして植え替えたらいいのか。



by ellwangen | 2017-09-22 07:00 | 山野草と樹木 | Comments(0)

エーデルワイス  6.25

f0020336_20314515.jpg
f0020336_20313094.jpg
 横手の今日の気温は31度。
畑はもちろん、田んぼは、川やダムの水が細くなり、
番水(ばんみず)(銘々が自由に入れていたのをやめて順番に使うこと)
が始まった水系もでてきたそうです。
井戸小屋を持っている人は、ポンプを作動させて、
地下水を勢いよく田んぼにいれています。

 エーデルワイスが咲きました。
友達が、ツェルマットの駅前で種を購入して、増やしたものです。
去年、私は鉢にいれ、あんまり液肥をしょっちゅう与えたのものだから、
巨大化して、花は大きいし、茎も40㎝位。
今年は思い直して、1か月前に西日の当たらない場所の
土に植えました。
綿毛に覆われた花びらのように見える苞葉は、日本の夏は暑いなあ、
参ったなぁと思っていることでしょう。

 2008年、スイスのトレッキング中では、
見る事が叶いませんでしたが、
クライネシャイデックの、民家の庭先に植えられているのを、
多くのトレッカーが、取り囲んで、写真を写していました。
チンマリ、ふっくらしていて、高山で頑張っている様子が
よくわかりました。
またいつの日か、是非行ってみたいです。





by ellwangen | 2015-06-25 20:29 | 山野草と樹木 | Comments(2)

笹巻の季節   6.11

 今頃の季節になると、笹の葉もだいぶ大きくなります。
巻き方を、忘れてはいないかと心配になり、
作ってみようかという気になります。
紐に使うイグサは、畳屋さんに分けてもらいますが、
イグサは引っ張りや、曲げる事に対しては
そんなに強くありません。
湯に浸したり、木槌で叩いて柔らかくしても、
やはり、大事な場面でプツリッと切れて、
米が飛び出すことが、ままあります。
数年前、講習会講師の大森町のおばあちゃんが
クゴ
という名の紐を持参してくださり、しなやかでとても
良いものでした。
帰ってから調べて、ミヤマカンスゲという植物と
分かりました。
大森にはまだあると言っていましたので、気を付けていますが
いまだ見つける事ができません。

 数日前の山内村ウオーキングでも、
沼や川の縁を、覗きながら歩いていましたが
ありませんでした。

 紡績糸や、ナイロン紐、はては輪ゴムまで総動員して
巻いている人もいますが、どうも風情がありません。

 つい最近、ネットでやっと見つけました。
条件の違う場所に植えてみて、生育適地を調べます。
鳥海山麓の冬師集落で、老人グラブが蓑を作るため
育てていることも分かりました。
油を引いたように光る葉ですから、雨をはじく力は強そう。
私が欲しいのは、花茎の方です。
 
f0020336_2024917.jpg

    茎の立ち上がりの、赤紫が見分けのポイントのようです
f0020336_2003676.jpg

by ellwangen | 2012-06-11 20:29 | 山野草と樹木 | Comments(0)

稲刈りが終わりました   10.05

手伝いのおじさんがきてくれているるので、
私は、たばこや昼食担当です。
f0020336_19403853.jpg
f0020336_194116100.jpg

 コルチカムの花です。
いつの年だったか、「夏休みこども電話相談」の時間に
植物を育ててみたいが、と言う男の子の相談に
園芸の先生が「まずはコルチカムを植えてごらん」
とおっしゃっていました。
皿の上にただ置いただけで、1か月もしないうち花がさくからと説明。
となりの奥さんからもらって、初挑戦。
9月5日植え、咲いてから1週間位です。
f0020336_19413646.jpg

 クルミ拾いもしました。
後はばあちゃんが、きれいに洗ってお日様に干し、
ストーブで炒って、中の実をほじくり出してくれます。
私が、和え物やクルミ寒天を作りながら、
嫁と姑は長い冬を過ごします。
ばあちゃんがいなくなったら、こんなスローフードな
生活ができるのかなあ…

 去年拾い残した古い実には、リスさんが穴をあけて食べた痕が
あります。
まだ枝には沢山の実がついていましたから、それは彼女たちの
分です。

by ellwangen | 2011-10-05 19:56 | 山野草と樹木 | Comments(2)

おおいぬのふぐり   (4.20)

f0020336_20172953.jpg

 農道の両脇に、おおいぬのふぐりが咲いています。
青のメタリックな色合いで、光って見えます。
草花には珍しい、洋服の裏地のような光沢で、
地面スレスレに咲いていますが、存在感のある草花です。
去年は3月のお彼岸に見つけ、カメラを取りに家に帰り、
花のところに戻ってきたら、
日が翳り、曇ってしまい、花はしっかり閉じてしまいました。
今日も曇りでしたが、なぜか閉じないで満開。不思議。
咲き始めはまだ寒いので、身を守っているのかな、と推察。

 いよいよ、春の稲の苗作り作業が始まりました。
前回の記事で盲人用信号について、早速友達が
市役所の、広報の方に伝えてくれたそうです。
その信号機も写しておいて、
早くbeforeと、afterでお伝えできたらいいですが。

by ellwangen | 2010-04-20 20:35 | 山野草と樹木 | Comments(0)

クルミ   (4.03)

もりの・くまさん、
コメントをありがとうございます。
我が家の土手には、2種類のクルミがあります。
鬼グルミと、小さな姫グルミです。
味に差はありませんが、
火にあぶると、姫グルミの方がすぐにパカッと口が開くので、
仕事がはかどります。
2009年は大豊作でしたが、去年の秋は全くの不作でした。
山の方はどうだったんでしょうね。
クルミやクリは土手から拾ってきて、秋に10個鉢に埋めておけば、
春に10個、発芽して若木が出てきます。
発芽率の良い植物です。
でもこれらの木は、屋敷に植えると、
トタンがヤニで黒ずみ傷むので、家から離れた田んぼや畑や土手の
端に多く見かけます。
f0020336_20284657.jpg

冬の日はばあちゃんが、セッセと実をほじくりだしてくれています。
隣で私は、それをお茶菓子代わりにつまみながらテレビを見ています。

by ellwangen | 2010-04-03 20:53 | 山野草と樹木 | Comments(0)

ひろっこ掘り   (4.01)

f0020336_20203337.jpg

 大戸川の土手の雪も、すっかり消えたので、
ひろっこを掘りに行きました。
早春の野原での採集は、とても楽しいです。
縄文のDNAが踊りだす感じで、うきうき。
畑に堆肥をいっぱい入れて植えつけても、
川岸に自然に生えているのには、どうしてもかないません。
川のひろっこが絶えないように、必ず全部は抜かないで、
あちこちにも、数本づつ植えつけておくと、
数年で、何十本もの株になります。
早春のテレビ番組などで、レポーターやアナウンサーが
「ひろっこはノビルの別名で‥‥」
などとコメントしたりしますが、
私は、思わず「公共の電波でおべだ振りして嘘こいて、ノビルは全く別ものだべ、」
と突っ込みを入れています。
ひろっこは、あさつきの事ですし、
ノビルは株立ちにはならなくて、1本づつ生えていますし、
地中に、丸いパチンコ玉位の白いニンニクのような味の玉が付いています。

 ひろっこを洗って根を除き、(この作業が大変、ばあちゃんにお願い)
クルミを煎って、割ってから、
実をほじくりだし〈ここもばあちゃん)
夕食は、お浸しと、人参も混ぜて鮮やかな彩りのクルミ合えの2品が
できました。
f0020336_20225847.jpg

旬のものをいただくと、体内がシャキッとします。
お金や、かっこよさはないけれども、優雅な田舎暮らしだなあと
自画自賛したくなるひと時でした。

by ellwangen | 2010-04-01 20:53 | 山野草と樹木 | Comments(1)

これ山母子?   (12・04)

 卸団地周辺の、田んぼを埋め立てた造成地いっぱいに咲いている花を、
車を運転しながら、夏ごろから気になっていました。
1ヶ月位前、何の花かしらと降りてみて、事典で確認したら、
どうも、ヤマハハコ(山母子)のよう。

 今日カメラ持参で又行ってきました。
生育場所は、山地の日当たりの良い平坦地と説明がありますが、埋め立てに山の
土で盛土したから、株や種子が紛れ込んで来たのかしら?
f0020336_21344156.jpg
f0020336_2139742.jpg

花の終わった茎を揺らすと、花の外側が綿毛となりフワフワ飛びました。
売り地貸地の看板や、ホーマック店舗着工予定2009年8月、完成2010年
5月予定の立派な看板がありましたが、そんな気配は全くなく、
広大な更地でこの花達が繁茂。
薄雪草(エーデルワイス)と似ているので、何となく心惹かれます。
よく見たらこんな木も。
f0020336_21493530.jpg

さくらんぼ大のリンゴで、私の胸の当たりの背丈。
農家の畑があった場所?酸っぱいみかんのような味でした。

次の写真は、1ヶ月前にドライフラワーになるかな?と陰干ししていたものです。
優しい感じの花ですので、来年は一緒に摘みに行きませんか。
でも、本当にヤマハハコでしょうか。
f0020336_2232934.jpg

by ellwangen | 2009-10-04 22:07 | 山野草と樹木 | Comments(0)