カテゴリ:スイスの思い出( 19 )

スイスの思いで   (9.19)

 秋田市の奥村さん達が、アトリオンで
「スイス・アルプスー氷河 花 絵画 書 木彫り 写真展」を
開催しているとの連絡があり、今日鑑賞してきました。
数週間前に、友達が大平山の前岳登山中、追い越して行く男性がいて、
その方が奥村さんで、その時、今回の事をお聞きしたそうです。
今朝の魁新報にも、取材を受けて掲載されていましたが、
30数年の間を置いての、今回のトレッキングだったそうで、
氷河の激減について痛感しておられました。
秋田市の皆さんは、多才なメンバーでため息が出ました。
特に絵は、描くところを傍で見ていましたから、感慨もひとしおでした。
美術の先生だった佐藤さんに、「トゥーン湖のあの絵は?」と
お聞きましたら、展示しきれないのでと持ってきて、
見せてくださいました。
大沼さんという女性の方も、休憩の間にクレヨンでサッサッと
あっという間に描き上げていて、魔法の様でした。
今日会えましたので、どうすれば上手に?とお聞きしましたら
美大卒だそうです。(ガクッ)
写真は、クライネ・シャイデックホテルです。
家具 絨毯が全て19世紀の調度品で、イギリスの貴族やアルピニストが
利用したホテルだそうです。
私達が使った食器は全て銀製品だったとは、今日の奥村さんの書いた
パンフレットで初めて知りました。
ホテル到着後、応接間でオーナーからホテルの歴史を聞きながら、
ウエルカムドリンクをいただきました。
山靴を履かれない訳が解りますね。
来年の今頃又泊まりたいと思っても、予約は満杯との事。
ガイドブックで見た宿泊料は、2万5千円から4万円位でした。
こんな風にしてみれば、今回の旅は高額ではないと思います。
f0020336_20573258.jpg

f0020336_20525542.jpg

f0020336_2105437.jpg

翌朝、ホテルから見えるアイガーです。
まだ始発の電車は来ませんので、昨夜の終電車が去った後は、
日中の喧騒が嘘のような、宿泊客だけの贅沢な静かな時間です。
山上ホテルで、部屋の窓から、刻々と変化する名峰と
心行くまで対峙できた幸せ。

 なかなかブログまでたどり着けずに、挫折しそう、
それにコメントに、お返事も書かずに申し訳ないです。
せっかく来ていただいたのに、いつも留守にしてしまい、
2週間に1回位、お運びいただければ嬉しくおもいます。

by ellwangen | 2008-09-19 21:20 | スイスの思い出 | Comments(2)

スイスの思いで   (9.2)

  GENさん、kyoさん、いつもありがとうございます。
kyoさんは手芸意が得意ですので、お二人が友達で、
手作り座布団をプレゼントしたのかな?と早とちりしました。
最初の写真が大きくならない事が解ったまま、送信してしまいました事を
お詫びします。
最初文章を書いて、プレビューしながら、かなり推敲します。
それから、要所要所に写真を入れます。
またプレビューして納得できたら、送信スイッチonなのですが、
年に2回位、削除スイッチonしてしまいます。
(本当に削除しますか?と聞いてくれればいいのに、何しろ
無料ですから、文句は言えません)31日はその失敗をしてしまいました。
思い出し、焦って書き、写真を入れる場所を間違え、削除してやり直し
たら×印。
これ以上いじるとめちゃめちゃになりそうで、断念しました。
拡大して見ていてくれている様子が伝わってきて、とてもとても
嬉しいです。
過分な評価を頂いて恥ずかしいです。
メールのほうには、辛口の友人から「いよ~、宝塚~」とヤジが来ますよ。
今日、一緒に行った友人が、旅行をきっちりレポートにして届けてくれました。
さすが、数年前まで県の職員だけあって、どこを突かれてもいいように
支出もきっかりと並べられていて、私も参考にします。
お口直しにお花の写真をどうぞ。
日本でも見られる仲間の花が沢山ありました。
f0020336_2112490.jpg

f0020336_21135257.jpg

f0020336_2115284.jpg

f0020336_21155486.jpg

f0020336_21165135.jpg

by ellwangen | 2008-09-02 21:19 | スイスの思い出 | Comments(1)

スイスの思いで( 氷河  ) (8.31)  

今朝7時のNHKテレビで、2,050年までにはスイスアルプスの氷河は
殆ど消滅してしまうと予想される、とニュースがありました。
随所になるほどと思える現象を、目の当たりに見てきましたが、
そんなに近い未来だとは‥聞き間違い?
f0020336_20575348.jpg

ペルス氷河です。
氷河も途中で、別の山塊から来た氷河と合体して名前が変わったり、
覚えるのもややこしかったです。
右に下ると、ベルニナ山群最大のモルテラッチ氷河と合体します。
氷河が削って両脇に堆積していく、モレーンが、
一級河川の堤防のように高く、厚くて立派な道路になっていました。
かつてはこの高さまで、氷河があったのでしょう。
 次は世界遺産のアレッチ氷河です。
この下に、広大な氷の宮殿がありました。(観光客のサービス用です)
f0020336_2222334.jpg

最後はグリンデルワルトの氷河。
100年前は村外れまで来ていたのだそうです。
ハイキングの途中、氷河が途切れて滝になり、その先は急流になっていたり
していました。
それはそれで、美しいと思いましたが本来の姿ではなかったようです。

f0020336_21263615.jpg

グリンデルワルトは美しい村で、朝早くおきて散策したので、
印象深い、又訪ねて見たい所です。

by ellwangen | 2008-08-31 21:34 | スイスの思い出 | Comments(3)

スイスの思いで(樹木)   (8.27)

  コメントやメールをありがとうございます。
高度の変化に伴う樹木について期待?して待っていてくださる
メールを頂戴しました。
歩きながら、「どう見てもこれは青森トドマツのよう」としばし
立ち止まって見たりしたのですが、写真がその割にありません。
秋田市の男性達は、要所ようしょで、腕の高度計を確かめ合っていました。
私も出発前に欲しくて、あれこれと探したのですが、2万円台よりは
4万円台がいい?、それとも買うからには6万円台がいいのかしら?と
決める事ができませんでした。
高度に関しては、かなり感覚がマヒしましたから、シンプルな高度計は
あれば良かったと残念に思っています。
こんな事情で、森林限界などの詳細は無理でした。
f0020336_21425813.jpg

スピーツの街で見かけました。
菩提樹(リンデン)ですよね。
f0020336_21434528.jpg

f0020336_21472841.jpg

by ellwangen | 2008-08-27 21:30 | スイスの思い出 | Comments(0)

スイスの思いで(アルプスの3大名花)  (8.21)

 多くの方が毎日アクセスしてくださっているのに、更新がままならずに
気になっています。
旅行でお金を使ってしまったのと、畑の作業が遅れてしまいましたから、、
かなり頑張って働いています。
皆様の顔が浮かび、ヨタヨタとパソコンの前に来ますが、
ついネットで、思い出の地を検索して、フラフラと魂は彼の地に浮遊して行きます。
そうしている内、あっという間に2時間位は経過しています。
アルプスの3大名花です。
エンチアン、(リンドウ科)がそうなのですけれども、写したはずですが、
写真が見当たりません。
この写真は、同じリンドウ科のゲンティアナ・オルビクラリス‥?だと思います。
とてもよく似ていますので、我慢してくださいませ。
2,600mから3,000mに咲きます。

f0020336_2174422.jpg

エーデルワイス(キク科)
1,600~2,800m

自然に生えているのは見つける事が出来ませんでした。
この花は、クライネシャイデック駅近くの山のレストランで栽培していた花です。
かろうじて自然の状態で咲いていても、どっと押しかけ、見たり、
撮影したりするので、根が弱り死んでしまうそうです。
日本のように、育てて自然に戻すような取り組みはしていないのかな?
今回歩いた中ではありませんでした。

f0020336_2191343.jpg

アルペンローゼ(ツツジ科)1,000~2,500m
バラかしら?と思っていましたが、日本のサツキとシャクナゲを足して2で割った
ような花で、いたるところでにぎやかに咲いていました。
f0020336_2115958.jpg

スイスは去年は、雨の多い年で、ハイカーにとっては災難だったが、
今年は雪解けが遅れたため、春の花も遅れて咲き、夏の花と一緒に楽しめた
幸運な年だったそうです。

最後はアルペンローゼを中心に百貨繚乱です。
(クリックして大きくしてご覧ください)
糖尿病で「歩け」とお医者様に叱られて来た、という方や、
両膝を手術して、器具を入れている方も居ましたし、
全然難儀ではありませんでしたから、上げ膳据え膳の観光よりは、
断然お勧め出来る旅です。
f0020336_21581154.jpg

by ellwangen | 2008-08-21 21:11 | スイスの思い出 | Comments(2)

スイスの思いで   (8.09)

 ハタオリ(本名は何というのか?)がスイーッチョン、スイーッチョンと鳴いていて、
日中の暑さを忘れさせてくれます。

スイスの記憶も、日毎に怪しくなり(最初からあやしかったのですが)
メモを見たり、カメラの時間を確認したりして書いています。
氷河特急です。
f0020336_21132349.jpg

ホームで待っていて、三番線に乗る時は、線路の上を歩いて乗り込んだり、
高架橋も地下道も必要なく、シンプルでした。
f0020336_21213412.jpg

氷河特急だから氷河の中を走るのかしらと想像していたのですが、
停車する位の徐行運転で見せてくれた、oberalppassの標識は
この機関区最高地点の、2,033mの場所だそうです。
この湖の北側はどこに流れ、南はどこそこ?
確かライン川?と聞いた様な気が‥
ツェルマットで登山電車に乗り換えて、3,090mのゴルナーグラートの展望台
からのマッターホルン、19時31分と記録されています。
ホテルもあり、3千m級の山に生息する鹿、シュタインボックが見えました。
飼っているのかなと思いましたが、すぐ見えなくなりました。
スイスにも、かつては熊が生息していたそうです。
ベアンズ州旗は黒い熊の模様がはためいているのを、
何度も見ました。
国旗、州旗 と市町村の旗が、3本並んでたなびいていました。
山岳ホテルは、最終の登山電車が発つと、翌朝の一番電車が来るまで、
別世界の静寂が訪れます。
f0020336_21375664.jpg

f0020336_21293064.jpg

by ellwangen | 2008-08-09 21:46 | スイスの思い出 | Comments(0)

スイスの思いで   (8.1)

f0020336_20154744.jpg

 山上のホテル、デイアボレッツアに着いた頃は雨でした。
部屋に荷物を置いて、2時間半ムント・ペルス(3207m)を往復する予定でしたが、
遠雷や小雨の為、1時間くらいで切り上げ戻りました。
初めて見る足元の氷河、小高い丘になっているモレーンに長い年月の
侵食を感じました。
ピッツ・パリュ(3,905m)が時折顔を出し、荘厳な雰囲気の山塊でした、
日本では見られない花が、岩にしがみつくように咲いていて、
みんなに見せてあげたいなあ、と思いました。
f0020336_20284676.jpg

f0020336_20291686.jpg

f0020336_20373421.jpg

夜半、とてつもない雷鳴に目覚めました。
私はその、ど迫力な音だけれども、見事な反響音に聞きほれていました。
カラヤンのオーケストラが、100集まったようなとても澄んだ音に、
さすが、こっちの人はこんな自然の音で育っているからモーツアルトや
ベートーベンが生まれたんだな‥
朝、友達が「夕べは全然眠れなかったあ~」
「あの雷では、神経質な人は無理だったでしょう」と言ったら
全然知らない?ですって。
ヨーデルやアルプホルンの音には、出会えませんでしたが、
雷と、牛や羊の群れから響いてくるカウベルの、カランカランの音が
今も耳に残っています。
向こうの人たちは、「ジャパニーズ?」ではなく、「ヤポン?」と
聞いてきました。

by ellwangen | 2008-08-01 20:32 | スイスの思い出 | Comments(4)

スイスの思いで   (7.29)

 成田からはスイスの航空会社なので、映画などのサービスは、
英語 ドイツ語 中国語 フランス語 イタリア語の5つ。
チンプンカンで理解できず、コメディならいいかなと切り替えてもさっぱり。
では音楽を、と聴いていても飽きてきてしまい、長~い12時間でした。
チューリッヒに1泊してから、ベルニナ線に乗りベルニナ・ディアボレッツアに向けて
5時間の車窓からの景色は、絵本のような美しさ。
日本の農村風景とは違うなあ、豊かさが感じられると皆しきりに感心。
f0020336_2111293.jpg

 どの村にも教会があり、感動を言い表そうとあれこれ思案しても、
やっぱり、絵のようとしか表現できません。
f0020336_212184.jpg

f0020336_21183949.jpg

by ellwangen | 2008-07-29 20:48 | スイスの思い出 | Comments(1)

スイスの思いで   (7.25)

 コメントやメールをありがとうございます。
槙有恒氏が、アイガー登頂に感謝して、寄付を集め、
アイガーを目指す岳人達に山小屋を建てたそうです。
6人位が宿泊できたそうですが、現代では狭くなり沢山収容できる山小屋が
新しく建設され、槙氏による山小屋は、
別の場所にへりコプターで吊るされて、降ろされる様子を
ユングフラウヨッホに向かう登山電車の中で、日本語でも映像になり、
解説していました。
日本人に対する、手厚いサービスを感じました。
少し登りでしたが、見てきました。
マネキンを置いて、往時の様子を再現していました。

f0020336_20351594.jpg
f0020336_20353465.jpg
f0020336_20355456.jpg

大正時代は、装備も今とは比べ物にならないでしょうし、
背広姿ですから、さぞかし動きにくかったでしょう。
せめて素材はウールだったら、いくらかは増しだったかな?

 ウインパーの「アルプス登攀記」を落ち着いたらじっくり読むつもりです。
槙氏もアイガーの著書はあるのか、探してみましょう。
それにしても、高田光政氏の「北壁の青春」は1968年に買い求め、
幾度となく読み返した本ですが、百聞は一見にしかずで、今は
自分も、その場所にいる臨場感で読み返えしています。
GENさんにお借りしている、芳野満彦氏のマッターホルン
「我北壁に成功せり」も行く前に、つけ刃で読みましたが、
今は自分もザイルにつながっているように??、
ヒヤヒヤハラハラと、岩の感触さえ足に感じ、面白く読みかえしています。

by ellwangen | 2008-07-25 20:30 | スイスの思い出 | Comments(1)

 またまた、ネズミ返し   (7.24)

昨日載せたネズミ返しは、大通りに近く、
角材も機械で製材し、土台をコンクリートでリフォームしたような
新しい感じでした。
同じツェルマットでも、宿泊した「ホテルビジョー」は小高い場所にあり、
その周辺のネズミ返しは、古くて建ててそのままの姿を保っているようでした。
背伸びして覗いてみましたが、かなりの高床式で見えません。
穀物を入れている様子を知りたかったのですが、
早朝で家の人も見えず、交渉もできません。
勝手に登れば、泥棒と間違えられるし、溢れる探究心はありましたが、
日本人として品位を保つべく、諦めました。
ガラクタや木材などが無造作にありました。
あまり土台部分に材木を積みすぎて、敏捷なネズミなら飛び越えられるのでは?
秋田市のメンバー(退職した先生方の山のサークルだそうです)の中に、
美術の先生だった男性がいて、僅かな時間にスケッチをササッと描いていて、
色を載せていました。
旅情溢れる素敵な絵で、羨ましくて習いたいなあと思いました。
ディアボレッツアのホテルで、朝、外でスケッチをしていましたが、
絵の具が凍っていて駄目だ、と言っていました。

f0020336_2034036.jpg

f0020336_2042223.jpg

f0020336_20221450.jpg
f0020336_2026233.jpg

おしまいは花で囲まれたツェルマット駅の正面です。
f0020336_20303669.jpg

by ellwangen | 2008-07-24 20:48 | スイスの思い出 | Comments(1)