カテゴリ:ハワイ( 6 )

ハワイ旅行 まとめ

  7泊9日の旅でしたが、11月9日の午後、
成田に無事到着。
成田に1泊して、新幹線で横手に帰りました。

3年前から心をワクワクさせて計画、
9日間、ハラハラドキドキ楽しみ、
これからしばらくは、思い出をかみしめ反芻して
過ごすことになるでしょう。

 行くまで、ねむけまなこで読んでいた池澤夏樹のこの本を、
また読みなおしましょう。
今度は十分理解できそうです。
f0020336_20221030.jpg

f0020336_8113194.jpg
     
    
 
               バイロン 大洋のうた
     
    路のない森に、愉楽がある。

    さびしい岸に、陶酔がある。

    ふかい海のほとり、だれひとり邪魔だてを

    しないところに社交がある。

    ふかい海のとどろきに、音楽がある。
    
    私は、人間を愛さないのではない。ただ、

    自然のほうをよけいに愛するのだ。

    自然に親しく対面することにより、過去の

    私、未来の私からはなれて行き、

    そして、宇宙の中に融合したいと思うのだ。

    そして、わたしに表現しえないもの、わたしに

    かくし包みえないものを感じ取りたいと思うのだ。

     
 40年も忘れていたこの詩の断片が、脳裏によみがえりました。

by ellwangen | 2011-11-27 20:43 | ハワイ | Comments(0)

ハワイの7日目

 
f0020336_1940373.jpg

f0020336_19412973.jpg

今日は、ビショップ・ミュージアムに行き、
ポリネシアの歴史や文化について、学んできました。
東南アジアの民は、数千年の歳月をかけて、小舟をあやつり
ニュージーランドまでたどり着く様子を、プラネタリウムを使い
説明してくれました。
私たちの祖先も、日本などに上陸しないで、
もっと南に漕ぎ出してくれていれば、
子孫の私は、寒さ知らずで毎日アロハー、マハローだったのに。
それにしても、海洋学者も天文学者もいないのにすごい・・・
暗いプラネタリウムで、南十字星がこの角度まできたら云々と、
航海の説明中、寝てしまったらしく、
「島がみえたぞ~~」の大声のセリフで目が覚めました。

 ハメハメハ大王のあの黄色いマントは、
植物素材と思っていましたが、
1羽から5枚位しかとれない、小さな鳥の尾羽で、
重厚なつくりでした。
1世とお妃は実の兄妹で、3世の妃は母違いの妹でしたが、
その頃になると宣教師が入ってきていて、
良くないということで、半年で離婚させられ、
5世の代で、ハメハメハ王朝は断絶したのだそうです。
ヨーロッパからは性病、日本からは肺結核、中国からはライ病が
持ち込まれ、免疫のないハワイの王族や民は急激に
人口を失ってしまったそうです。
館内を説明してくれた方は、
「ハワイの何よりの悲劇は、鉄がない事です」
と、クック船長が、原住民に殺されたいきさつを
話してくれました。

近くのレストランで、友達はロコモコを注文、
「ミデアム レア ウエルダン」
と聞いてきますので、
??おかしいなあ、肉は注文していないのに。
カリカリになった2個の目玉焼きのことでした。
私はかやくうどん、。
日本の味~、美味でしたが、半分しか食べられません。

 この写真は、途中まで食べてから思いついてパチリ。
このころになれば、レストランも慣れてきて、
ワイキキを出ると、日本語は通じませんので、
we´d like to have separat checks 
(会計を別々で)
それぞれ支払い、サービス料がついていないときは、
会計の15%をチップとして、おいてきます。
f0020336_19384420.jpg

f0020336_1939979.jpg


f0020336_19543036.jpg

 帰りのバスから見えた、おかしなショーウインドーの絵。
旅行会社の事務所でしたが、湖に木の風呂が浮かんでいます。
f0020336_19553946.jpg

食べたいものは不自由しません。

 今晩が最後の夜です。

by ellwangen | 2011-11-26 20:00 | ハワイ | Comments(0)

ハワイの4日目

 今日は、トロリーに乗り、アラモアナショッピングセンターと
日本の食材を買いに、ドンキホーテに出かけました。
私の大好物の、乾燥芋も茨城県産がありました。
(家から3袋用意してきたのですが、とうに食べてしまいました)
思わず手に取り、値段を確かめたら7ドル50セント位。
円高とは言え、買うのを断念。
赤や白いいんげんを甘く煮て、レトルトにしているのもありました。
これも大好きです。
こちらは5ドル。日本の倍位にあたるようです。
缶詰類は安いと思いました。
いんげんの水煮缶詰を買い、
ワールドクッカーを持ってきていますので、
砂糖を入れ、柔らかく煮なおしました。
ジャガイモも好きなので、男爵 北あかりを見つけ、
茹でていただきました。
せんべい、おかき、切り餅、ゆで麺あり。
干しもちはありません。
インスタントのステックコーヒーはなし。
ポリネシアカルチャーセンターのキョウコさんが、
インスタントラーメンは不味くて、口に合わないので、
親戚が、日本から持ってきてくれたのをいただく時、
とてもありがたいと、話していました。
f0020336_18463647.jpg

トロリーやバスの運転手さんは、女性も多くいました。
夕方からは、近くのファマーズマーケット見学。
安かったです。
f0020336_18481833.jpg

f0020336_1848466.jpg

f0020336_1849222.jpg

f0020336_18495593.jpg

マンゴーが1ドル位で買えました。
一生分、飽きるくらい食べるようと、決意していたのですが、
滞在中1個しか食べていません。
なぜか手がでるのは柿、1個200円くらいでしたが、
毎日2個づつ、ぱりぱり固く、甘くて気持ちが落ち
着きました。

f0020336_1914121.jpg

寄せ豆腐、山田フーズに勝るとも劣りません。
醤油、麺つゆ、インスタントみそ汁などはキッコーマン
の輸出品でした。

f0020336_195284.jpg

ハワイに来てまで、こんなものを食べなくてもと
言われそうですが、なければ我慢しますが、買えるのでつい……。

 私が、米の生産者でなければ、価格が安ければ、
農薬の使用基準が安全なら、
アメリカのこのご飯を買うと思います。
違和感を感じることなく、おいしいと思いました。


by ellwangen | 2011-11-17 18:54 | ハワイ | Comments(2)

ハワイ3日目

 私たちの宿泊したホテルの近くに、
ユースホステルがあるのを知っていましたので、探していたら
すぐそばにありました。
ボードを磨いている青年に確かめたら、にこやかに「YES」
事務所はここを入って…」と親切に指差してくれました。
ピクチャーOK?と聞いたら、ポーズをとってくれました
f0020336_18475131.jpg

4階建てで、前にはハイアットリ-ジェンシーホテルが
そびえていて、ビーチは見えませんが、
5分もしないで行けますので穴場と思います。
清潔で、しっかりした宿だそうですから、
動き回り、宿は眠るだけの人にはお勧めです。
ドミトリーで1600円位、個室が5000円位でした。

f0020336_18522183.jpg

f0020336_18564096.jpg

f0020336_18583460.jpg

 午後からは、唯一オプションでつけた
ポリネシアカルチュアセンター見学です。
モルモン教が運営する、ポリネシア各島の青年の為、
ミリンガム大学ハワイ校を運営しています。
ここを訪れた観客の料金が、学生の生活費、および
授業料となるとの事。
バスケの田伏ゆうた選手が留学した大学です。

昼過ぎ迎えのマイクロバスで、ガイドとして案内をしてくれた青年は
ヒデさんという北海道出身の学生さん、
授業は朝7時半からだそうです。
センター内の案内は、神奈川出身のキョウコさん、
理科系の学生だそうです。
留学する前は、英語は得意だった?と聞いたら
英作が得意でしたが、こちらに来てヒアリングができず、
何とかなりそうだったと、話してくれました。
広大な土地に、ポリネシアの様々な住居、生活用品 
建造物などがあり、説明を受けながら学びました。

f0020336_19574098.jpg

キョウコさん
f0020336_19584549.jpg

f0020336_19591177.jpg

f0020336_207589.jpg

f0020336_2002793.jpg

f0020336_2012099.jpg

f0020336_2015765.jpg

 トンガ 、マオリ、様々の島の踊りを披露してくれるのは
その島出身の学生さんたちです。
誰でもうまいわけではなく、厳しい練習とオーデションがあるそうで、
適材適所で働いているそうです。
f0020336_2085332.jpg

 フランス領ポリネシアの建物の中です。
釘が1本も使われず、自然素材です。
夜のステージショーは、撮影禁止。
前にもここに来て、感動しましたから、ぜひ見てほしいと
友達を誘いました。
f0020336_5225848.jpg

大ホールでのショーを待っています。彼女も大感激、ホテルについたのが夜10時過ぎ。

by ellwangen | 2011-11-15 19:00 | ハワイ | Comments(0)

2日目の11月2日

 朝6時は真っ暗で、7時にならなければ、
薄明るくなりませんでした。
決めた訳ではないのですが、自然に起床は7時になりました。
正面に虹を写したのですが、見えますか。
毎日虹を見ました。

f0020336_1933828.jpg

 混むのがいやなのか、もう泳いでいます。
f0020336_19333587.jpg

 今日は、真珠湾のアリゾナ記念館にバスででかけました。
友達が運転手さんに、「パールハーバーに着いたら教えてください」
英語で伝えたのですが、彼は???。
ールハーバーとアクセントをつけたら、通じて、「OK」でした。
記念館に着き、チケットを買おうとしたら、
カメラ何とかかんとか、パッケージ何とかかんとかと言って
入れてくれません。
男性が、右の奥の建物を指さしてくれたので、
行ってみると、皆がかばんやザックを3ドルで預かっています。
そういう事かと、すべて預けて中に入ることができました。

園内は、日本軍の攻撃により命を落とした、
尊い英雄達を忘れないというスタンスでした。
30分の映画を見ている間中、日本人としては
居たたまれない気持ちでした。
ホールのほとんどは白人です。
当然、日本人が大勢いるものと思っていたので、
拍子抜けしました。
映画でも詳しく説明され、博物館でも大きな地図で、
当時の日本軍の制空権だったか、制海権だったか
大陸および、太平洋の広大な地域が日本の領域領海と
なっていた事を知りました。

歴史の教科書で、ジンギスカンの征服地図や、清国や
三国時代の勢力図などは見ていますが、肝心のこの地図は
私たちの習った教科書にはありませんでした。
もし嘘なら、こんなのをおおっぴらに貼らないでくれと
日本政府から抗議がないのですから、真実なのでしょう。

 北朝鮮や中国の国民は、情報が統制されていて気の毒な国と
思っていましたが、自分達もそうなんだと実感。
f0020336_19335634.jpg

 水平さんたちが、見学を終えて出てきました。
f0020336_19341388.jpg

 映画の後、船に乗り戦艦アリゾナのメモリアル記念館に。
この戦艦アリゾナの下には、今も1600体の遺体が
眠ったままだそうです。
その上に大きなホールが建てられ、教会のようになっていました。

皆がカメラを持っています。
カメラ以外は、預かってくださいという意味だったのです。
そういうわけで、この写真は絵葉書を写しました。
小さく見えますが、巨大な船でした。
こんなに浅い所にあるのに、
なぜこの船だけ引き上げられなかったのかと思います。
楽しいものではなかったのですが、一つの事柄を
表と裏側から知ることができ、
見学してよかったと思いました。

 ここまできたのだから、
愛媛丸の高校生の碑を、拝ませてもらいに行こうか
と話しましたが、そのあたりは、倉庫の陰を通らなくては
ならず、不案内な者にはすすめられないとガイドブックに
あるそうで断念。
f0020336_1935371.jpg

f0020336_20465545.jpg

 夜景もきれいです
f0020336_2048436.jpg
f0020336_2049213.jpg

by ellwangen | 2011-11-14 20:50 | ハワイ | Comments(0)

ハワイ便り 11月1日の事

 ホノルルの日中の気温は、23度C位でしたが、
汗が出るような事はなく、雨期でも爽やかでした。
11月1日の夜に成田を発ち、同じ1日の朝にホノルル到着。
激しいスコールのお出迎え。
今回は7泊のうちで5日はスコールに遭いました。
雨宿りしているうちに、10分位で止みます。
用意するとしても、100円合羽で十分。
余裕があれば、コオラウ山脈にトレッキングを計画していたので
山用の合羽は、出番がなく無用の長物となってしまいました。

f0020336_1564180.jpg

この旅行はネットで検索して、阪急交通の7泊9日間で素泊まりの
添乗員なしのフリープランで、友達と2人旅です。
飛行機はJAL、ホテルはパシフィクビーチホテルです。
ワイキキの東側に位置し、カピオラニ公園に近い方角になります。
これに決めた訳は、
フルバスタブ付き、ビーチの前、日本の食材も買える
フードパンドリーが近い、前回に泊まった
ミラマーアットワイキキホテルもすぐ近くだし……などです。

f0020336_1574019.jpg

部屋は、パーシャルオーシャンビュー。
ラナイ(ベランダ)にも椅子とテーブルがあります。
正面がワイキキのホテル群、左がビーチ、右がアラワイ運河
とコウラウ山脈側になります。
24階のラナイで、望遠鏡であちこち眺めながら読書するのも、
いい充電になりました。
さすが、法律違反になるので、
ベランダの干し物ヒラヒラは見当たりませんでした。

f0020336_1585062.jpg

 ラナイから見える正面 
f0020336_15113552.jpg

出発前、成田で2万円分両替、
1万円につき123ドルと35円の端数が日本円でした。
前日に、政府がドル介入したため、
友達が前もって、横手の北都銀行で両替したレートより
条件が悪かったです。
友達は、7万円両替していたため半分位残り、
9日成田に戻って、日本円にしてもらったら、
1ドルが79円位だったそうです。
輸出する会社は大変だなあと、実感。
旅行者にはありがたいですが、燃油サーチャージが
成田とホノルル往復で32,000円ですから、高いです。

 食材購入と散策をして、
無事着いた事と、これからの素晴らしい旅を祈念して
乾杯、こうして1日目は過ぎました。
(写真は現地時間)

by ellwangen | 2011-11-13 16:05 | ハワイ | Comments(2)