カテゴリ:大人の休日倶楽部( 3 )

同級会 富士山     6.30

 なかなか、更新できずにいます。
訪問してくださる皆様、ごめんなさい。

 先週28日から1泊で、東京で中学時代の同級会がありました。
「大人の休日倶楽部」の4日間乗り放題パスを使い
来てくださいという、関東在住の皆さんの配慮でした。

 私はもう2日使い切りたいので、
26日から、河口湖に2泊して富士山周辺を歩いてきました。
山開きは7月1日からですが、
バスの終点5合目から、ベルト状にぐるりと回る
お中道歩きをする事がメインテーマでした。

 26日、  朝一のこまちで出発
        富士山駅に到着後、周遊バスで豊富な伏流水が
        あふれ出ている、忍野八海など見ました。
        観光客はぞろぞろ降りて、復路のバスが来るまで散策しますが、
        私は時間の関係で,降りないで車上から、見学して、
        同じバスで河口湖の宿に。
       富士山は、裾野がかすかに感じられるだけ。
f0020336_17285150.jpg

        忍野八海
f0020336_1729526.jpg

        富士山頂から降ろされた気象ドーム、
        見学できて、実験なども可能だそうです。

 27日    河口湖駅から、登山バスで5合目に。
        バスは100台位?いるようです。
        濃いガスがかかり、寒くて雨具上下着用。
        いよいよお中道巡り、しかし、
f0020336_17371649.jpg

f0020336_17374348.jpg

f0020336_17381564.jpg

行ける所まで、と歩きました。
f0020336_17384813.jpg

体験学習の小学生がにぎやかに。
f0020336_17392344.jpg

氷河の先っぽのような硬い雪に阻まれました。残念無念。
ここで、おやつを食べながら富士山をゆっくり味わいました。
シャクナゲの木がたくさん、花の頃はさぞかしきれいでしょう。

歩き足りないので、またバスで河口湖に戻り、天上山に登りました。
昔話のカチカチ山の舞台となった山のようです。
三つ峠に通じる山で、行けるところまでと進みましたが、
時間の関係で、戻りました。
(三つ峠は若いころ、笹子から登り富士山を眺めた、私の青春の山です)
f0020336_17505963.jpg


 28日 いよいよ同級会 午後東京駅はとバス乗り場に集合。
      右を見たり、左を見たり、バスは日の出埠頭まで。
      2時間の ディナー付のクルージング。
      華やかなお台場も、海側から見れば、ゴミ捨て場で、
      びっくりしました。
      そのあとはスカイツリーの上下の展望台。
      まんずまんず、びっくりしたぁ、が本音。
      食事をして、麹町のホテルに着いたのが24時でした。


 29日  みんなは鎌倉に、4日間使い切った私は横手に。
       幹事さん、ご難儀をかけました。東京の今が少し理解できました。


by ellwangen | 2014-06-30 18:10 | 大人の休日倶楽部 | Comments(7)

摩周湖   8月7日

 暑さにかまけて、ご無沙汰をしてしまいました。
やっとしのぎやすくなりました。
3日ほど前から夜には、スイーッチョンと機織りが鳴いています。
やはり立秋です。

 今日、山の友達からメールがあり、
「白樺湖に行ったときの記録を見せて、」とありました。
一人旅でしたから、メモ程度に自分も読めないような
のしか持っていません。

 そこで、この秋に友達と計画している、
摩周湖の旅に誘いました。
計画段階で、横手を朝出ても、摩周駅に着くのが18時ころ。
これではダメ、それなら、寝台特急カシオペアで優雅にと
駅に行ったら、取れませんでした。
ネットで調べたら、1か月前の10時から発売ですが、
その瞬間完売になるらしいです。
悠長に駅に並んで取ってもらおうなんでは、アウトで
自分のパソコンでスタンバイしていて、10時と同時にキーを
叩くのがベストの様。
旅行会社が抑えるみたいです。
摩周岳登山も予定しています。
今朝3時ころ、NHKラジオ深夜便から布施明の唄う 
♪ 霧の摩周湖が流れてきました。
昭和41年の歌だそうです。
久保浩の唄う、霧の中の少女も、摩周湖を
描いて想像していました。(自分がその乙女になりきって)
きっと、霧に隠れて見えないのでしょうね。

 田沢湖では泳いでいるし、用意していこうかしら?
今日調べたら、全部、崖に覆われているので水面には
近づけない。
湖面は…展望台からしか見えません。
水温5度C、死んでしまいますと記述あり。
やっぱり…。
摩周岳からは、条件が整えば湖の絶景が楽しめますとありました。

by ellwangen | 2012-08-07 21:16 | 大人の休日倶楽部 | Comments(0)

 白樺湖    6.25

 大人の休日倶楽部、4日間乗り放題1万3千円を使い、
22日から24日まで、白樺湖に行ってきました。
横手から、朝7時4分の列車に乗り、
長野県の茅野に着いたのが、14時6分。
駅前のスーパーで、メロンやトマトなどの果物を買い、
そこからバスで、小一時間で目指す白樺湖。
周囲4キロ位の湖畔の宿にチェクインが4時丁度。
移動で1日かかります。
 ♪一人さみしい湖に~の感じではなく、
おしゃれな洋風の爽やかな湖でした。
f0020336_2053531.jpg


f0020336_15245158.jpg


 6時ころまで湖を1周しながら散策。
コンビニが1軒ありました。大きなホテルの前は
賑わいが感じられましたが、
廃業の民宿やお土産やさんが、手入れをされないまま
全体の1割以上あり、景観に迷惑をかけていました。
何とかならないものかしら…と旅人の私まで心配。
f0020336_20512213.jpg

f0020336_20554246.jpg

 翌日は、宿から車山頂上(1,925m)まで
3時間弱かけ歩きました。
f0020336_20572079.jpg

湖が1,416mの標高ですし、ビーナスラインに沿った
ほぼ直線のトレイルでしたから、楽でした。
f0020336_2022939.jpg

気の早いニッコウキスゲが霧の中にチラホラと。
f0020336_15531765.jpg

登りながら後ろを見れば、蓼科山と八ヶ岳連峰が。
バスとリフトを使い、スイスイと登る方法もあります。
頂上は、360度の展望がききます。
f0020336_20585287.jpg

殆どリフト組で賑やかですが、じっくり座り
お昼を食べているのは、ザック組ばかりでした。
f0020336_15581122.jpg

八ヶ岳を正面にして、お昼を食べました。
富士山が右奥に薄く見えましたが、写っていません。
その右に南アルプス、中央アルプスと続き、
繋いでパノラマを作ろうと思いましたが、
ぼんやりしか写っていません。
その右に見える山が
f0020336_1611644.jpg

7月下旬に山の会で登る予定の、木曽の御嶽山3,067mです。
頂上は、平らに見えます。
剣ヶ峰まで行って降りてくるのは、いかにももったいないと
決意も新た。
f0020336_211894.jpg

北アルプスです。
左から、奥穂3,190m、大キレット、槍3,180m、常念2,857m、
大天井2,922m、雄大です。
妙高山まで見えるそうですが、わかりませんでした。

 お腹も満足したので、霧ケ峰に向かい歩きました。
大きな石ころが、ゴロゴロの道です。
靴はしっかりしたのを履かないと挫きそうですが、
行きかう皆さん、しっかりと装備。
f0020336_16511173.jpg

f0020336_16513842.jpg
 

f0020336_1652164.jpg

笹が入り込んできて、ニッコウキスゲが減少しているそうです。
電気が入った線に囲まれ、超箱入りキスゲ姫です。

 8時間は歩こうと決めていたし、疲れた箇所にバンテリンを塗り、
車山まで戻り、リフトを横目に下山。
f0020336_1743872.jpg

f0020336_1713712.jpg

湖畔に、藤城清二氏が建てた美術館で鑑賞、
万華鏡のような、6画形の鏡張りの部屋や、
水を張った上の展示された
幻想的な氏の切り絵に感嘆。
絵の中のヘンデルとグレーテルのように、自分も
おとぎの国に迷い込んだ様。(室内撮影禁止)

 3日目の、出発の朝です。
今日もいいお天気になりそう。
f0020336_20831100.jpg
f0020336_2093937.jpg

f0020336_20104060.jpg

バス停の向かい側に、仮面ライダーのアンちゃんたちが
爆音を鳴らせてやってきました。
ヘルメットを脱いだら、全員がスキンヘッドと
ロマンスグレーの、私と同年代位の小父様達。
とても楽しそうにおしゃべり。
気分もきっと、青年に帰っていることでしょう。

 帰りのスーパーあずさの中で、
地図帳を広げ、私が登れる八ヶ岳の山はどれか?と
探しました。
できれば赤岳希望、
危、長い梯子あり、道迷い注意、雨で沢氾濫、
ガレバ、ベテラン以外入るな、鎖場ありなどなど、
地図上でもう、身の毛がよだちそう。
八ヶ岳は清里のペンションで休暇が、
身の丈のあっているみたいです。
蓼科山だったら、何と登れないかしら…。
一人旅もいいのもでした。

 (留守中パソコンに、「無事ですか?今歩いていますか…?」
とドコモ携帯からくださった方に、無事帰還メールを返信しましたが
戻ってきてしまいました。
私のスケジュールを、把握している方の様ですが、
アドレスが登録されていません。ありがとうございます。
お陰様で無事に帰りました)

by ellwangen | 2012-06-25 16:15 | 大人の休日倶楽部 | Comments(2)