<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

笹巻き修行

 笹巻きを作れない私は、河辺に住む友達に、笹巻き作れる?
と聞いたら実家の角館方式と、嫁ぎ先の河辺方式が作れると、
天の助けのような声。
29日の夕方は、地元の農産物直売所 「フレッシュランドまごごろ」で
感謝デーのイベントで笹巻きの実習もあるし、来てと
わざわざ送迎つきでの好意に甘え、旧交を温めながら2日間を過ごしました。
 彼女は介護施設の管理栄養士さんですが、県の事業「グリーンツーリズム
花まる大学で一緒でした。
(その会の理事長は、雄和町長の伊藤さんが就任されていました)
地区に外国人の学生が多い大学があり、交流の機会があり
寮を訪問などの話を聞きました。
その頃の出来事ですが、外国人と1m以内に近づいた事がない
私には、彼らが早口でしゃべるxcxxxaxxxxbxxxxv?に
青くなり????でしたが、
彼女はおもむろに電子辞書を開き、検索してどれどれ‥
彼女と一緒なら世界中歩けそう。
自分の語学力は棚に上げ、横手では国際感覚が育たないなあとしみじみ
反省した事でした。
きのうも最近よく目にする、セフレの意味がどうしても解らない私が、
セレブに関連した意味?と聞いて一回り若い彼女にウケテしまいました。
 開店したばかりの農家レストラン「地張庵」で自家製お豆腐で
作った様々な料理と、太平の岩波牧場のお肉の昼食(800円)をいただきました。
真心が感じられ、美味しかったです。
モロヘイヤうどんの「ゆう菜家」といい、雄和は女性がなぜこんなに
活躍できるのかしら?
今度知事選挙が来た時には、伊藤さんがいいのではと、ふと思いました。
品格もありましたし。
真の右にわずか茶色に見えるのが、豆腐工場。

f0020336_20384859.jpg

は角間川にある農家民宿「季節の郷」に泊まり、オーナーも同期でしたから
深夜まで語り合いました。
そして、笹巻きの復習でばっちりマスター。
広域で語り合える友がいるのは、幸せな事です。

f0020336_20484510.jpg

by ellwangen | 2006-07-31 21:09 | Comments(5)

新ジャガイモ

 
f0020336_20285949.jpg

 まだ蔓が枯れていないので、収穫時期ではありませんが、
今年は誰に聞いてもニコニコ顔で「うちでも大豊作だよ」と
答えが返ってきます。
でもばあちゃんによると、
ジャガイモの豊作な年は、稲のけかち(冷害)な年だと心配しています。
ジャガイモは冷涼な気候を好みますし、今年は確かにそんな気温でした。
稲は本来、亜熱帯性の植物ですから本当だと思います。

 引っ張った蔓に付いてきたのがこれだけ、
親分級は土の奥で、出てやるもんかと踏ん張って隠れています。
 
 品種はカロチンの多い、北あかりです。
中は黄色でポクポクしていますから、卵2個位の大きさでしたら、
ラップしてレンジで6分位チン、塩味でいただくと絶品(素材派料理人の私)。
ご飯は胃に上手く入っていかなくても、これなら大丈夫。
6年前に、ドイツのジャガイモ料理をかなり期待して出かけたのですが、
煮てつぶしてから、くせにあるチーズ(かび臭い)を混ぜているので、
食欲が湧かず残念でした。
チーズもビールもだめでは、旅の喜びは半減で損ですね。
by ellwangen | 2006-07-27 20:35 | Comments(3)

赤飯のおにぎり

f0020336_14422482.jpg

このおにぎりは、お客様のご要望で生まれた商品です。
お赤飯は、250gを4角いケースに入れて販売していましたが、ある日、
おばあちゃんのお客様が、老人の2人暮らしにはこれ1個で充分なので
お昼用によく買っているが、2つに分かれていたらもっと食べやすいけれど‥‥。
そこで、半分のおにぎりにして、みそ漬けをチョコンと付けて。
 今日は中年のお客様が、孫が、給食がないお弁当持参の日はいつも
これにして、とリクエストがあるのよ、とお買い上げ下さいました。
子供に食べてもらえて、とても嬉しかったです。
(着色料は一切使っていません、なら茶小豆の色です)
 ここ県南地方では、お赤飯に羊羹のように砂糖を入れますが
私の商品は、甘さは控えめにしていますので、男性にも好評ですよ。
(美味くない、もっともっと砂糖を入れて、とお叱りも受けます)
普通の、漆調ケースいりのお赤飯もありますので
慶事や、サークルなどの予約も承っています。
 よねや、ハッピータウン店は9時半開店ですが、
私は開店ぎりぎりに持って行き、お客様とお話できるのを楽しみにしています。

by ellwangen | 2006-07-22 15:13 | Comments(3)

横荘線メモリーウオーク

 今回で、6回目を数えるというこの行事に、今日初参加。
廃線となってしまった横荘線は、私にとって懐かしい懐かしい鉄道です。
横手から沼館周辺は、車の通行料が多く、懐かしんで歩く状態では
ありませんが、今回の老方~二井山間は、出羽丘陵の中を縫うように
線路跡が簡易舗装されていて、散策にはもってこいのコースでした。
雄物川地域局から40名、東由利地域局から60数名の、大集団で、
今年は、私達がバスで東由利までバスで移動して、一緒に二井山まで散策。
公民館で用意されたお弁当をごちそうになり、解散。
散策と書きましたが、かなりの急行軍に感じました。
花を見たり、スグリなど木の実を食べたりしながらの私達は
いつもしんがり。
一人で申し込んだので、知っている人はいないだろうから、
孤独も楽しからずや、と参加したのですが、雄物川町の長沼さん、菅原さん、
横手の福田さんがいて、思わず抱き合わんばかりの感激。
マタタビもしっかり実をつけていて、リキュールの材料があちこちにある
老後や病後用の、素敵な散策路をゲットです。

森のキウイフルーツ サルナシ(猿梨)があつちこっちに。
秋には、大きな腰カゴを下げて、是非採りに行かなくては。

f0020336_172320.jpg

終点 二井山
降らず照らずのいいお天気でした。

f0020336_17132084.jpg

by ellwangen | 2006-07-17 17:13 | Comments(4)

吾妻連峰

 8日から9日にかけて、福島の山に登ってきました。
f0020336_2182996.jpg

 仲間が一切経山(1949m)を目指して登頂し始めたのを、
下の浄土平からパチリ。
私たちはと言えば、ゆったりコースを設けてもらい、沼ぬまを散策しながら
東吾妻山(1974.7m)に登る優雅な山行でした。
f0020336_891269.jpg

時折雨に降られましたが、一瞬霧が晴れる時があり、
そんな中でみた、向こうの山の秋元湖が印象的でした。(水がこぼれそう)
カメラを向けたのですが、正面に見えますか?
左側には、磐梯山の裾野が垣間見えたのですが。

f0020336_21491986.jpg

木道を歩きながら、余力のあるこんな旅もこれからはいいなあと実感。
f0020336_21322358.jpg


そして翌9日は、全員で霊山に登りました。
こちらはハイキングコース並みかしらと登ったのですが、あなどれませんでした。
切り立った崖の山城跡で、歴史学術上の重要な場所という事でしたので
これから勉強しましょう。

 さすが福島の山々は、独特の容貌をしています。
今回は眺めるだけでしたか、大地のにきび跡そのままの
吾妻小富士((1707m)
秋田の山と違い、交通網が整備されていて、アプローチがなく、
すぐ登れるのはいいのですが、考えようでは、
端折った登山になっているかもしれません。
心配していた舎利バテもおきず、無事に戻ることができ、
みなさんお世話になりました。

f0020336_2233583.jpg

by ellwangen | 2006-07-09 21:39 | Comments(4)

エンサイ

 今年初めて、エンサイ(空芯菜)を育ててみました。
ゴーヤと並んで、沖縄のお惣菜に欠かせない野菜です。
なにしろホウレンソウと比較しても、格段に栄養価が優れていて、
沖縄の長寿の秘訣はここに?と思って興味がありました。
こういうマイナーな野菜に対しては、登録許可されている
農薬が殆どありません。
実際にエンサイには、種子消毒用に1種登録されていますが、
生育してからの殺菌剤や、殺虫剤は何1つありません)。
もし、虫食いが多くなり、同じヒルガオ科だからと、
さつま芋用の殺虫剤を使って見つかれば、私は犯罪者でNEWSに
登場です。
(登録の申請料高額や、データ作成に時間がかかる等の
理由でキャベツや大根などの、メジャーな野菜用の農薬はわんさかと
ありますが、消費の少ない野菜に、農薬メーカーは冷淡です)。
杜撰な中国からの輸入品を叩く為とは言え
この制度には、かなりの矛盾や疑問を感じています。
レース状の穴だらけの野菜を見つけたら、かなり良心的な
生産者と思って間違いなし。
こんな事情の昨今、果たして無事に育つだろうかと
心配でしたから、研究の為に50本ほど種子から育てました。
順調に生育して、今日が初収穫です。
虫食いはありますが、まだ気にならないくらいです。
ラベルもばっちり貼って、午後に直売コーナーに持って行ったら
お客様が興味を示してくれて、すぐ売れました。
わき芽を摘むと、次々に生えてきてまた摘んで秋まで収穫できます。
よねやHAPPY店でどうぞ。
食感はぬめりのあるホーレンソウの様な感じです。
お浸しや和え物、油炒めにどうぞ。

          畑で(ヒルガオ科)
f0020336_20263886.jpg

ホーレンソウと比較して、カルシウムが4倍、ビタミンAが5倍
                ビタミンBが1.8倍、ビタミンCが2倍
                それにポリフェノールや鉄もあるそうです。

f0020336_20265548.jpg

by ellwangen | 2006-07-01 20:50 | Comments(0)