<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

春の様                      2007.1.28(日)

 春のようなお天気で、午後からウオーキングに出発。
10日位振りです。
いままでは足首に0.5kgの重りと、両手に3kgのダンベルを持っていました
から、手が塞がっていて、走ったりするのに不便でした。
1kg足用の重りを腰に巻きつけたらいいかも‥と数日前に、元のスギタスポーツに
行ってみたら片方で6500円位、あまり高いので断念。
瞬間ひらめいたのが、砂糖を風呂敷に入れて腰に巻けば何のことはない。
結果は大成功、途中で落ちてきましたので縫いこんでしまえばいいみたい。
見ていた旦那が呆れて、「山にもそのまま登ったらいいよ、
それだけあれば遭難してもこっちでも心配しなくて済むよ」。
今回は2袋でしたが、もう少し増やしてもいい感じでした。
でもこれ、長い厚いダウンのコートを着ている冬だから出来ます。
春に向けては、ホームセンターで何か鉄の重りを探してみます。

 見上げた自動車道の温度計が、3時半に5度C。
北の空に入道雲がもくもくと勢ぞろい、こんな事もあるのかしらと思いました。
夜のニュースで、秋田空港が4時から落雷の為閉鎖。

 体中の停滞していたものが流れさったようで、とても爽やかです。

by ellwangen | 2007-01-28 20:28 | Comments(6)

農村を元気にする女性会議

 今日は1日中、横手市農業指導センター主催の会が、平鹿町の中央公民館で
開催されました。
午前は集落営農化の説明で、午後は起業した5人によるパネルデスカッションが
行われ、私も7年前の起業でしたから、、これから起業を考えている方に
何かお役に立てるかと、引き受けました。
業を起こしたいきさつや、今直面している課題、これからの展望などについて
それぞれ聞いてもらいました。
私は単独の起業でしたから、国からの補助金などはありませんでしたが、
紐がない分伸び伸びと仕事ができます。
グループで開業した人には国から5割位補助があり、
無利子の融資もうけられます。
でもそれぞれの家の作業や孫のお守などで、全員が欠けず集合して
作ったりする時間が確保できない等の問題や、経理の大変さに頭を
悩ませているようでした。
国体のお弁当、100人分で10日分の注文を断わった処もありました。
横手管内も去年、一昨年から起業ブームで、収入は判るが
所得がどの位あるのかつかめないなど、脇で聞いていて大丈夫?
立ち上げて間もないのに、脱会してしまった人がいるところもあり、
借り入れ金のある場合などは、今後のおおきな課題になってくると思われます。
f0020336_192228.jpg


 文春1月号で、数学者の藤原さん(新田次郎のご子息)が、格差社会についての
寄稿で、自殺のワースト県10と、所得ワースト県10と、大学センター試験偏差値
ワースト県10が、ほぼ同じ県で占められていると書いていました。
それらの問題は個々に存在するのではなく、連綿と繋がっている事を
再認識し、本当に切ないです。
ここにだけいれば、そういうものかと慣れていますが、いけない事と思いました。
秋田の政治、行政に携わっている皆さんに必死で頑張ってもらい
一層のリードを期待します。

by ellwangen | 2007-01-23 19:49 | Comments(0)

自分の農協だけれども

 私は農協婦人部の会員です。
回りばんこの町内の部長に4月になり、そろそろ1年になりもうすぐ開放されます。
春最初の部長会議に出席した際、今年の運動方針の一番目が地産地消でした。 
その後、今年の販売重点商品の説明が行われました。
農協婦人部の最大の仕事は、物売りの推進です。
(昔ならいざ知らず、スーパーがあちこちに出来た現在、しかも同じ商品なのに
高い)
まだ発売されていないJAブランドの化粧品は、試供品を試してみてなかなかよさそう。
次の商品は、シソの葉ふりかけ。
わざわざメーカーから人が来て、説明。
さっき地産地消と言ったばかりなのに、シソの葉ふりかけなら
素人でも、梅漬けの葉と白ゴマを混ぜたり工夫すれば、簡単に作れるのに。
言っている事とやる事がチグハグ。
そして駄目押しは、終わり頃に1人の60歳代の役員がやおら立ち上がり、
「皆さん、木村組合長さんを私達のお父さんと思い、盛り立てて行きましょう」
と赤い声でシュプレヒコール。
ここは全人代か、キムジョンイルの国かと薄ら寒くなりました。
時々役員会がありますが、その後は時間がもったいなくて行く気が起きません。
(注文をとるカタログはそれでも届きますので、回覧しますが、ほぼゼロ)
冬の教養講座は、風呂敷を利用した袋作りと、健康体操。
こんな事より、やらなければいけない事は切羽詰ってあるのに。
八幡に出来る新事務所に伴い、廃止される地区に対しては
老人達の現金の出し入れに関しては、電話で呼んでいただければ
伺い、迅速に対応しますからご心配なくとのことでしたが、
かなりご心配です。

 女性理事に推薦したい人がいるので、方法を聞いたのですが、
婦人部の上記の仕事を長くした功労の意味があるようで、上層部の覚えが
めでたいイエスマンでなければ、今は駄目なようでした。
私の村でも30軒ありますが、会員は櫛の歯が抜けるように今は9人です。
私も今それを考えている最中です。

 それにつけても懐かしいのは、大分県のJA大山町です。


by ellwangen | 2007-01-16 20:03 | Comments(2)

猫の目農政に振り回されて

 国は、20HRをひとつの単位とした集落営農→特定農業団体→
特定農業法人にと、農業を再編したいとして今やっきになり広報活動に
励んでいます。
それに呼応して、あちこちの村で、家々にアンケート調査、座談会や
臨時総会が開かれています。
NHKのクローズアップ東北で、山内水の又集落が集落営農に漕ぎつけるまでの
様子が映し出されていました。
耕作放棄が目立って来て、用水路の維持管理もままならなくなり、
切羽詰った状態に陥っていたので、比較的容易にまとまったと、
平坦地の私達からは思えました。
農家が個々に機械を持つ負担は確かにありますが、丁寧に使って部品交換を
しなければならなくなった時に、その1つの部品はもう製造中止で
すっぽり買い替えるしかないなどの問題点について、農水省は何もしません。
そこが改善されれば、農業生産費は30%くらいに落ち着くのでは。
農協の整備課でも、動かなくなった機械をその為に数台は捨てないで置いて、
そこから、必要な部品を抜いてくれたり、探してくれたりしていますが、
限界があります。
そこを改善してくれればかなり、農業の収支は良くなります。
ドイツの農家に泊まったときに聞いたのですが、
50年間、部品は作らなくてはいけないという法があるそうです。
 
 県や市でもかなり焦って、立ち上げにやっきになっています。
今まで経済はどんぶり勘定で、酒飲み日本一に貢献してきたあきたの
男性農業者はリーダーにはなれたとしても、法人化した企業の会計者に
はどれくらいの適任者が、果たしているだろうかとかなり不安です。
もし失敗したら吸収されて、淘汰された優秀な法人だけが生き残り、
国はその事は、十二分に承知して待っているでしょう。

 今まで農業には認められていなかった、積み立て準備金が組織には
今度認められ課税から外されるようになったからと、
通知が役所から昨日届きました。
全く見切り発車で、あとからおまけ?がついてきて、説明会か秋田市の
ホテルでした。
私もまだまだ分からない事が多くこの件につきましては、また報告します。


by ellwangen | 2007-01-10 21:09 | Comments(2)

ネットの密かな‥‥

  外は嵐、
友達が時々転送してくれる「マグマグ通信」は、簿記入力作業等に飽きた時、
読みながら笑える小噺が満載でしたが、忙しいのか最近は滞りがち‥。
そこでネットで、「山の恐い話」「山の遭難」と入力。
嘘か誠か、様々な事例がでてきます。
新田次郎は「八甲田山死の彷徨」の執筆中に、亡くなった遭難者が出てきて
自己紹介していきさつを語ったと、作者後書きに書いていますし。
遭難事件の報告書は、地形図や写真もあり自分におきた出来事のような錯覚。
しばしの休憩のはずが、いつものめり込んでしまいます。
今夜は大荒れ、生きていて、暖かい布団で眠られる幸せ。

by ellwangen | 2007-01-07 20:50 | Comments(0)

清々しい年明け

 皆様、新年おめでとうございます。
お日様が、まぶしいくらい頑張ってくれています。
直売にきょうもしっかり並べてから、郊外の書店でしばしのんびり。
あれこれ選んで、4冊購入しました。
止めようかと思ったのですが、つい買ってしまったのが
「ワイス博士の前世療法」。
帯に、この瞑想CDを聞くだけで過去の思い出や、前世の記憶が
よみがえり、心も体も癒される、と書かれています。
著者はアメリカの高名な精神科医だそうで、出版されてから6ヶ月も
たっていないのに、もう9刷になっていますから、
買わなきゃ一生の損みたいな気になりました。
しっかり読んでからCDを聞き、私の前世が分かりましたらお知らせ
しましょう。皆さんにもお貸しします。

 食べ物を扱う身には、ノロウイルスで本当に気の休まらない毎日です。
つつがなく、年末年始が過ぎてくれることを願っています。
これからも、手作りのおやつ工房「れんげ草のゆめ」ともども、
よろしくお願いいたします。

by ellwangen | 2007-01-01 11:57 | Comments(8)