<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

メリーランド便り   (4.29)

f0020336_21112974.jpg

   (画面をクリックして大きくしてネ)
 Shunさんの、自宅の2階から写したハナミズキの写真です。
Dog Woodという無粋な名前がついているそうで、
樹皮を見つめた液で、犬のノミ取りをしたのが由来との事。
こんな綺麗な花に失礼ですね、でも日本のオオイヌノフグリよりは、まだ許せます。
種苗会社のカタログなどには、アメリカハナミズキとか、
花水木と表記されています。
 普段散らかしているので、今日はお客様が見えてもいいように
クリーンUP大作戦。
最初はしっかりとゴム手袋装着で、ハイターや、マジックリンでピカピカに。
でもいつしか細かい作業にはポイ。
 今、手は油分が抜けてしまい異常事態発生。
「奥様、お手をどうぞ」と言ってくれる人もいないから、
段々かまわなくなってきている私です。

by ellwangen | 2007-04-29 21:12 | Comments(0)

40年前の自分に帰るひとときを、ご一緒しませんか(4・24)

第⑮回うたごえ喫茶
in大雄ふれあいホール
おかげ様で8年目になりました。
新宿ともしびより司会2名、ピアノ1名
アコーディオン1名が来ます。
食べ物、飲み物、持ち 込み自由です。(会場でも販売あり)
と き: 6月1日 (金) 
6時開場・6時30分開演
      休憩をはさんで3ステージを予定
ところ: 大雄ふれあいホール (           )
前売り2000円 当日2500円
主催:うたごえ友の会 後援:横手市教育委員会
          連絡先 0182-32-0126 石川さんまで

歌集も販売しています。1,000円位です。
私は歌は上手ではないので、カラオケで1人で歌う事はまれですが、
うたごえでみんなと歌うのは、何とも言われない楽しいものです。
同じ時代を共有した仲間たちですから、いとおしい気持ちになります
英国のチャールズ皇太子は、ダイアナ妃が、好きで四六時中聞いている
音楽がうるさくて耐えられずに、カミラさんとの語らいが心休まるひと時だった、
と読んだ事があります。いけない事ですが、致し方なかったとも思います。
平成13年4月、バスで新潟県黒川村に研修で出かけた際に、
長い長い道中、歌いながら行きました。その中にうたごえのメンバーがいて
来ない?と誘われて、サポーターとして今に至っています。

by ellwangen | 2007-04-24 18:22 | Comments(2)

桜が咲いています   (4月22日)

 雨で、御嶽山は中止になってしまいました。
横手高校グランドに集合してから、どうするか相談して決定。
せめて追分の1本杉まで分乗して行き、そこで祝詞をあげてもらって
帰ろう、となりましたが、車を出してくれる人の座席を
合羽で汚してしまうのは、申し訳ないので止める事にしました。
私は「ここから1本杉まで歩いて往復しましょうよ、」と思いましたが
言い出せませんでした。
そして、新会員が6名、紹介されました。
平均年齢を、下げるのに貢献してくれそうな会員はいませんでした。
典型的な中高年の会ですから、無理をせず安全が何よりです。

 雨の中で、桜がポツポツ開いています。
今晩はうたごえの仲間が、久しぶりに集まります。
申し込んでいないので、飛び入り参加しましょう。
秋川さんが朗々と歌う「千の風になって」は今大評判ですが、
何だか違和感があり、心がくたびれます。
このような歌は、もっと素朴に静かに、ささやくような歌い方が私は好きですが。
年のせいかしら。

by ellwangen | 2007-04-22 15:55 | Comments(6)

来年の六月   (4月15日)

 かまくら館で開催されている、横手山岳協会の写真展を見てきました。
自分が写っているのも数枚ありましたが、痛々しい位痩せていて、
よくまあ登ったものだと感心(?)しつつ、皆さんにはさぞかし心配をかけた
事だった、と改めて思いました。
私は、付いて行くのが精一杯で、デジカメ写真も証拠写真としての役目だけ。
今度、額に入れて皆さんに見ていただくような写真を、
撮れたらいいなあと思いつつ鑑賞。
今晩は「山を語る会」もありましたが、出席しませんでしたので、
ついさっき、参加した友達から弾んだ声で「朗報~」と電話。
来年の六月、トレッキングにで、スイスに遠征するそうです。
幸運な事に、私には還暦と重なり、大きな記念になります。
気分はハイジ、今夜は寝られそうにありません。
時間はたっぷりありますし、すでに経験済みの友達もいますので
聞いて様々勉強しなくちゃ。

by ellwangen | 2007-04-15 21:14 | Comments(4)

真言密教  (4月10日)

 妹の連れ合いの、3回忌の法要に行って来ました。
松戸市の真言宗のお寺さんです。
最初に住職さんが参列者一人一人に、左手の平に小豆粒位の分量の
ウグイス色の粉末を乗せてくださいました。
それに右手を重ねてよく揉み、両腕、体に刷り込みました。
塗香というお香なのだそうで、お坊さんが修行する時に清める香りで、精神を集中
する為の香りとのこと。
何だか懐かしい、知っている香りと思いを巡らしている内に、バジリコ
(スイートバジル)に行き着きました
胡椒 バニラと嗅ぎ当てている人もいました。
目を閉じお経を聞いていますと、意味はわからないのですが
何とも言われない安らかな響きで、チベットのラサのヒマラヤからの風の
そよぐあの旗(名前がわかりませんが)がはためくような音や景色の下に
今いるような感覚。
朝の露は、いつしか草から消えてしまい、ここに留まる事はない‥と住職さんの
お言葉がすんなりと心に沁み込みました。
(宗派というより、お坊さんの人格の問題なのかも)
後で住職さんに塗香について詳しくお聞きしました。
それぞれ香木等の香が単品にあり、自分でその場に合わせて調合されるそうです。
そして分けてくださり、京都のお店の名前も教えていただきました。
今度私に会っても、線香臭いなんて言わないでくださいね。
奥ゆかしい真言密教、塗香のアロマセラピーですので。
 宝井琴桜さんも檀家の関係で、この医王寺で講談の会が催されているとのこと。
妹も高校の先輩との御縁に、寂しさが少し安らいでいるようでした。

山形新幹線は、新庄~横手間は長かったです。
指定席、自由席もがら空きでしたから、指定席は必要なかったと次回に向けて
勉強しました。

by ellwangen | 2007-04-10 20:30 | Comments(0)

清明も1日過ぎて   (4月6日)


 清明になれば、こちらでもほうれん草等の青菜や、さやえんどうの
種蒔きができるのですが、今年はまだ無理です。 

 今日は、午前中に期日前投票を済ませました。
明日は横手発の7時半頃の列車に乗り、山形新幹線初体験です。

 今週初め、このブログに来てくださるお客様が3割くらい少なくなってしまい、
退職したばかりの数人の友達の顔が浮かんでいました。
でも、だんだんと週末に向かい持ち直してきて普通になり、ホッとしています。
年度始めで、お忙しかったのでしょうね。
訪問してくださる方のお顔は、全員判るくらいの少人数ですから大切にしたいです。

 きのう、平鹿病院を見学してきました。
あまりにも素敵で、びっくりしてしまいました。
豪華なホテルのようでもあり、大型ショッピングセンターのようでもあり、
駐車場が大~きくて本当に良かったと思いました。
周りにお菓子屋さんやお花屋さんもできて、市の西側の住人にはとても
便利になったと安堵しています。。
鶴が羽を広げたような優美な白い建物が、白い巨塔にならない事を願うものです。

by ellwangen | 2007-04-06 21:54 | Comments(2)

地元で買いたいが‥‥  (4月3日)

 
 夕ご飯の最中に、大きな大きな赤くて黄色のお月様が、玉子のようにポ~ンと
山から飛び出して来ました。暦を見たら旧の2月16日。

 今週末、久しぶりに埼玉に法事で出かけます。
術後は、服はもちろんですが、帽子や靴もサイズがダウンです。
黒の喪服に合わせていた靴も、ぶかぶかでだめ。
そこで市内の靴売り場で、きのうから探していました。
殆どが安価なケミカルシューズばかりで、しっかりした革商品を
扱っているのはサティだけでしたが、
多くの客に試しに履かれたらしく、汚れた新品を買う気が起きずに、
結局大曲に出かけ、求めました。
以前は、タジリ靴店がバイパスにあり利用していましたが、
いつのまにか無くなっていました。
地元の商店を育てるのも、市民の役目と思いますが情けない限りですねえ。

by ellwangen | 2007-04-03 20:43 | Comments(0)

 4月なのに、この空は   (4月2日)

 4月というのに、黄砂ではっきりしない空模様の毎日です。
きのうは平鹿病院の引越しで、枝道に警備員が配置されて渋滞。
その中に自衛隊の車両が、2台混じっていたのに巻き込まれたのですが
これこそ、究極の平和活動中なのに、瞬間恐怖の感情が起こり、
サマーワみたいと思ってしまいました。

 文科省が、道徳を正規の科目にして「規範意識の高い生徒を育て上げたい」
との事。
笑わせないでよ、と松岡大臣の顔が浮かびます。
去年やっと水道が開通して喜んでいる我が村ですが、大臣の「今頃
水道水飲んでいる人いるの?」にはため息が‥‥。
部下の不祥事の首を切った上司に対して、やれ任命責任とばかりに
引き摺り下ろす風潮も、考えた方がいいと思います。
24時間監視できませんし。
むしろ良くやったと、褒めるようになればと思いますが。

by ellwangen | 2007-04-02 14:21 | Comments(0)