<   2007年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

選挙   (7.29)

 秋田での当選が判明するのが、11時頃と新聞に載っていましたので、
寝不足になってしまうと家族で話をしていましたら、
8時10分にもならない時間に、松浦氏の当確が出てしまいました。
 金田氏は、東京都知事に応援を頼みましたが、
近い将来、ふるさと納税の議論が高まった時に、どうするつもりなのかしら?
と、他人事ながら心配していました。
菅大臣は積極的に推し進めたいし、都知事はもってのほかと言いますし、
金田氏は?
溺れる者は藁をも摑みたい心境だったかもしれないが、
秋田選出の議員としては、論理が壊れてしまっています。
姑息な人なのかしら、思ったのは私だけではなかったようです。
♪走れコウタローの、山本コウタローに来てもらえば良かったのに。
 それにしても船頭が多くて、船が山に登りそうな民主党ですから
どうなる事やら、しっかり頼みますよ。

by ellwangen | 2007-07-29 20:30 | Comments(0)

うなぎ   (7.28)      

 30日が土用の丑の日。
シャバのお付き合いでうなぎをいただきますが。私は食べれません。
何年も前の話ですが、横手市観光協会の会長の
○ボーリングの社長さんの、お勧めのうなぎ料理店があり、
研修旅行のお昼に、皆で連れて行ってもらい、いただく機会がありました。
岩手の北上川沿いの古びた料亭でしたが、場所は失念してしまいました。
私はうなぎはうなぎでしかないと、期待は皆無でしたが、
一口箸をつけて、あまりのおいしさにびっくりしてしまいました。
身がプリンプリンと弾力があり、「全身筋肉~」と声を上げてしまいました。
ジドッとした油は全く感じませんでした。
もちろん全部いただきました。
(嫌いですなんて、言わないでいて良かった~)
 子供の頃、ドジョウ採りをした時に、
メグ(スナメグリ)を捕まえた事がありますが、あの味に近いものでした。
うな重で養殖より300円高いだけでした。
後にも先にも、うなぎが美味しいと思った1回だけの経験です。

 メグのその懐かしい味を、グリーンツーリズムの会で話ましたら、
羽後町の国の重要文化財住宅の鈴木当主が、
「我が家にお泊りくださるお客様には、家の後ろを流れる川のメグを
夕食のご馳走に出しているから是非と仰ってくれました。

 隣のじいちゃんは生前、5月から6月にかけて川に網をかけて
ヤツメウナギを取り、1度に30尾も持ってきてくれました。
それが2~3日置きに何回か続きます。
(お嫁さんにもういらないと怒られて、それでも捕るのが好きで)
私も飽きてくると、姿が気持ち悪くなり料理する気も失せて
もういらないと断わっていました。
今思うと、何と贅沢な事だったと懐かしく思い出すと同時に、
悪い事をしたなあと反省もしています。
(私の20歳以上年上の従兄の友人でもあり、
私の仲人さんでもありましたから、わがままが言えました)
ちなみに今晩の夕食はスーパーの広告の、県産のドジョウを買い
卵とじにしました。
私が美味しいと感じるのは、濃厚なソースでこってりと本来の味を
隠すようなものではなく、粗食ではないが素食です。

by ellwangen | 2007-07-28 19:58 | Comments(0)

蔵王連峰   (7.22)

f0020336_205672.jpg

         ( 雨が止んで、辺りの景色が見えましたので休憩)
            
蔵王の縦走、小雨の中を、8時間位かけて11kmを歩きました。
しゃれた山小屋はありませんので、雨の中で昼食。
熱いお湯で、アサリの粉末味噌汁を溶き、おにぎりがおいしい事。
こんな経験は単独では怖くてできませんから、ワイルドで素敵と自賛。
急坂のすべる岩肌に難儀して、余裕を持たせた時間取りでも
オーバーしてしまいました。
穏やかな緑の山容ですが、そこかしこに、
かつての火山の痕跡の石や岩がありました。
遠刈田温泉のお風呂と、それに続く語る会の宴の楽しい事
(このことだけを考えて、ひたすら歩きました)
 翌日の今日は、北蔵王3時間のハイキングでしたが、
私は遠慮して、留守部隊でお釜周辺散策して、温泉で湯舟につかり
皆さんを待っていました。
皆無事に帰れる事ができて、ありがとうございます。
f0020336_2055087.jpg

by ellwangen | 2007-07-22 21:26 | Comments(4)

ナスの寿し漬け   (7.19)

f0020336_2025543.jpg

 ばあちゃんからバトンタッチの漬物作りです。
胃の関係で、1粒ナスの消化が困難になりましたので、
中位まで大きくして、柔らかくなったのをスライスしています。
1kg漬けるも5kg漬けるのも、時間は大して変わりませんから、
今年は産直コーナーで販売もしています。
家で食べる為にだけに作っていた時は、ナス1kg当たりにもち米を
1合炊いて混ぜました。
でも販売すると、お客様はもち米が多いのを好みませんでした。
それで現在は、もっとご飯を減らしています。
35度の焼酎や酢、明礬の、割合を変えたデータを沢山蓄積して
出していても、夕方までは黒くならない商品が出来上がりました。
塩っぱくもなく、甘さは控えめです。
横手では、かなり砂糖が効いた甘い漬物が好まれますが、
私はそれが嫌ですから、自分が好きな味で行きます。
売り場にいますと、やれ甘くして、やれ塩を利かせてくれ、色が濃い
薄いと助言をいただきますが、漬物こそ、自分をしっかり持っていないと
右往左往してしまいます。
 土曜日は南蔵王の山に登り、遠刈田温泉に泊まり、
翌日も登りますので、明日は休息して英気を溜め込まなくては。
by ellwangen | 2007-07-19 20:46 | Comments(2)

笹巻き   (7.12)

f0020336_2044818.jpg

 巻き方も段々慣れてきました。
以前は1升の米を巻くのに半日もかかったのに、
立派に完成した歩留まりが5割位でした。
今は時間もかからず、ルンルンとできるようになりました。
それでも2個位は、鍋の中で帯を解いて笹衣を早々と脱ぎ、
もち肌を露出している不届き者がいます。
出来上がった頃には、本来きっちり閉じていなければいけないのに、
裾から大根足を見せていて商品にならないのが、3個位あります。
試食モニターはご近所の皆さんです。
忌憚のない感想を是非と言っても、ばあちゃんや旦那は、美味しいおいしいとしか
言いません。(私が怖い‥‥)
きのう隣家のおじさんが、「私はもう少し硬めのご飯が好みだが、」
のコメントをもらいました。私も少し柔らかいかしら?と思っていましたので
沸騰を5分短くしてみました。そしたらキリッとした笹巻きができました。
黄な粉付き、5個で350円で販売しています。
去年、私の笹巻き修行に付き合ってくれたAちゃんありがとう。
教えていただいた角館の巻き方を、友達に披露しますと優美ねと
言われますよ。
新暦の端午の節句の頃は、まだこちらでは笹葉が大きくなってはいませんので、
来年に備え、土用にならないまだ柔らかい内に収穫して
冷凍しておく作業があります。

by ellwangen | 2007-07-12 20:25 | Comments(7)

景観保全審議会   (7月5日)

 昨日は秋田地方総合庁舎で、秋田県景観保全審議会があり
出席してきました。
公募のレポート提出で申し込み、5月末で2年の任期が終了したのですが、
再任の依頼があり、もう1期やってみる事にしました。
法律 建築 環境 工学の専門家達(大学の先生)は、
県のほうで選任していて、公募委員は設計事務所経営の方が3名
色彩関連の資格がある人、そして私の10名。
女性が4名ですから、バランスはまあまあだと思います。
 1期目は、とんだところに来てしまったなあ、と思い
自己紹介の時、「女性の委員が少ないとの事で、少しでも増やそうと
男女共同参画課の差し金で応募した事や、
ドイツ フランス ハンガリーの旅から帰った翌朝、
仕事に向かう為車の運転をした時に、対向する車のまぶしさと
雑多な看板 広告で、とても目に違和感を覚えた経験から、
景観について、どのような政策が行われているか関心がある等‥。
 横手でも、駅西に赤と黒のグロテスクなパチンコ屋がなぜ許されるのかしら?
いつも考えていましたが、わかるようになりました。
「秋田県の景観を守る条例」では
国道からは200m以内にあるし本来なら違反ですが
高さ13m、延べ面積1,000平方mを超えるもの、には各当
していないんだなあと納得したり。
それでもあれは嫌だと多くの市民が感じていたら、
横手市で独自の条例を作ったらいい事など。
大仙の委員の話では、角館のあの武家屋敷だって10年後
今のまま持ちこたえるのは無理かもと‥○○不動産の看板が立たない為に
どうすればいいか等。
市町村からは、五城目と西馬音内が来ていましたので、条例を
考えて居るかもしれません。
秋田市の新屋では、とても雰囲気の良い街並みがあったのですが、
ボツボツとプロヴァンス風?の民家が建ち、おかしくなってしまった事例。
でも木や集成材で、家を作りたいと考えても、
境界から10m、道路の中心からも10m離れていなければ許可されないそうです。
大館の委員は、こんなお庭持ちはそんなにはいませんし、本当にどうにかして
欲しいと嘆いていました。
 去年県のこの条例に基づく届出状況は106件。
携帯電話の鉄塔が65 電力の鉄塔が13でダントツ。
鹿角で3件、鉄塔の色彩変更というのがありましたので
どんな色に?と質問しましたら
航空法が変わり、その沿線では目立つ色にしなければいけなくなったそうです。
赤 白 赤 白の縞模様ですって。
別の委員が、それは景観的には果たして?ではと発言。
いっぱい勉強になります。
しかし審議委員会は審議だけですし、影響力だって果たしてどれだけ?
 
 通りかかって予期せずに、蛇の崎橋から、
鳥海山が鮮やかに見えた時は、感激とともに、
あの家とアレとアレの最低3つは、邪魔で迷惑千万、
即刻移転させて美しい景観を残したい‥、
眺めながら、いつしか気分は景観を大事にする専制君主になっています。

by ellwangen | 2007-07-05 20:40 | Comments(2)