<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

農家民宿「季節の郷」からお誘い   (11.28)

 大仙市角間川の木内にあるこの建物で、(大森の川西から大曲に向かい
左側の黒っぽい建物)この30日にBelle Vientosあるまんど山平さんの
ソロコンサートがあります。
オーナーの古谷さんは、一緒にグリーンツーリズムを勉強した仲間で、
ドイツやフランスの先進地に一緒にでかけ、B&Bの宿に宿泊してきてから
決心して立ち上げた農家民宿です。
とてもくつろげるリビングで肩肘の張らない、少人数のコンサートになるようです。
7時半に開演、1,500円でお飲み物付きとの事。
2005年に国内大会で優勝して、本場のアルゼンチンの本大会に
日本代表として出場した実力の演奏で、目をつむり聴いていると
アンデスの風を感じ、高い空にコンドルが悠々飛んでいる様子が浮かんできます。
ご都合のつく方がおられましたら、私が送迎しますから参加してみませんか。
地方で活動する芸能文化を盛り立てる意味でも、是非。
当初馬頭琴奏者の方も来ると聞いて、楽しみにしていましたが
今日いただいたパンフには書かれていませんから、山平さんお一人かな?

by ellwangen | 2007-11-28 20:30 | Comments(2)

病焼きについて訂正   (11・27)

 旧暦の小正月の頃の、伝統行事や暮らしについて
あゆかわのぼるさんと県南内陸部の女性4名の座談会があす、
増田の漆蔵資料館であります。
断片的に記憶の奥にあるのを、整理する為、
浅舞の実家の母に聞きに行きました。
ついでに、12月8日の病焼きについて、
私は病を食べ尽くすと書いてしまいましたが、
記憶間違いでした。
その夜に囲炉裏の中で2個の焼き餅を、真っ黒になるまで焦がし、
翌日の早朝、まだ生活廃水が入らない、清らかな川に流すのだそうです。
病焼きという行事がありました、とは今も広く伝えられていますが、
詳細は判らなくなってしまっていますので、これからは
こういうことを中心に、記録できたらと思っています。
 
 畑の雪を掘り堀り、白菜 大根 ねぎ キャベツの収穫と、
庭に散乱しているあれこれの、片付けていました。
その間のコメントをありがとうございます。
パソコンをあける時間も惜しく働きました。
こうなる前に、できる時間はいくらでもあったのにと、後悔しながらの作業
でした。
「アリとキリギリス」の絵本の、夏汗して働くアリさんを横目に
バイオリンを、優雅に奏でているキリギリスの挿絵が浮かんで来ます。
労働と思えば辛いが、雪上トレーニングで足腰を鍛えている最中と、
前向きに考えれば、気が楽になります。
お昼休みに横になっていて、玄関のチャイムがピーンポーン。
起きあがろうとした瞬間、太ももがピーンと攣り、居ても立ってもいられない
緊急事態。
今まではふくらはぎは稀につりますが、こっちは初めてでしたから、
心臓まで上がって来そうで、冷や汗がでました。

by ellwangen | 2007-11-27 15:11 | Comments(0)

焼き餅   (11.21)

f0020336_21123262.jpg

 外の仕事が遅れたのも、ブログの間隔があいてしまったのも
実は焼き餅のせいです。
もち米で作りますから、翌日にはもう硬くなってしまいます。
12月8日の病焼きの夜に
子供達は年の数だけの焼き餅を貰い、1年中の病を食べつくして
のこりを新聞紙に包み、硬くならないように抱いて寝ました。
妹や弟の羨ましそうな顔を見ながら、この日ばかりは長女で良かった~と。
 でも今は売る商品として考えれば、
せめて2日位は軟らかくできないかが、長い間の課題でいつも頭の隅に
ありました。
多くの方のアドバイスを得て、試行錯誤をしましたが、この秋に完成。
試作中、気がついたら朝という日がありましたが、楽しい事をしていれば
時間はあっという間。
普通のお焼きより大振りで、3個で250円です。
雪の中で冬眠ができるようになり、落ち着いたらヨモギ入りに
応用したいと思います。
米を粉に挽いて、すぐ作りますので焼いている間じゅう香ばしさが、
漂いますが、お客様にも届いたら嬉しいのですが‥。

by ellwangen | 2007-11-21 21:28 | Comments(5)

鑑賞している場合ではないけれども   (11.20)

f0020336_1149309.jpg

 心の準備も、畑の片付けもできていないのに、ドカ雪。
ハラハラと舞い散る、もみじの感傷に浸る間もなくこの雪。
それにしても、白い上に撒かれた落ち葉のなんときれいなこと。
積る前にやらなければいけない仕事は、山積。
チューリップもまだ植えていないし。
パソコンやピアノの部屋の除湿機が、夏から止まったまま。
これからは暖房も入るし、と修理屋さんに持って行こうと電話してから、
雑巾で汚れを落とし、中を見てもそんなに難しい部品では
構成されていないようだしと、取り扱い説明書を読んでみました。
フイルターは2週間に1回掃除と書かれていました。
知らなかった~。
少なくとも、買ってから5年は経っていましたので、開けてみましたら
ゴミが毛布のような厚さ。
取り除いたら、あらまあ新品、めでたしめだたし。
買おうかしらとも考えていたので、賢い主婦?と自賛。
慌てて外のタンクに灯油を入れてもらったら@89円で、645Lで57,405円でした。
経済も厳しい冬になりそうです。

by ellwangen | 2007-11-20 12:08 | Comments(4)

種苗交換会   (11.4)

 今年は湯沢市が会場、せめて県南で開催される機会は逃してなるまいと、
さっそうと出かけました。
駐車場からのシャトルバスで往復。
第3会場まであるらしく、とりあえず横手から一番近い第2会場に
エスカレーター式に入るしかなく、そこは農機 墓 苗木類会場。
今まででしたら、最新式農機にお父さん達の大群が
真剣な目で見つめていたものですが、素通り。
我が旦那も、「今までとは違うなあ」と納得。
ミニスカートのお嬢さん達が片手を腰にあて、もう一方の手で機械にもたれ
真っ白なブーツ姿の脚線美で魅了していたのは数年前の大曲会場でした。
今年は、ドタ長靴のアノラックの営業風の女性が乗って説明。
農作物展示の、主会場に近い所まで近づこうと、
自分に車で第4駐車場まで行き、シャトルバスを待ったが、
こない こない。
湯沢で見る鳥海山は、綺麗だなあとしばらく待っていたが、諦めて
家に帰りました。
肝心のものを見る事ができずに、残念。
各会場は余りにも離れすぎていました。
横手で開催された時は、今の平鹿病院の建設された場所が更地で広大にあり、
広域体育館等と全てまとまり、評判もよく良い会場でしたが。
でもあの年は始まったら雪が降り、私達も農産物直売をしていましたが、
リンゴ生産者は、直売どころではなく収穫に追い立てられました。
宮城や岩手からも団体さんが見えます。
そんなに売れる訳でもないので、私達は凍えながらも、
お祭りとして爽やかに?情報交換しました。
今度、横手で開催されるとなれば場所は?と老婆心が‥。

by ellwangen | 2007-11-04 22:47 | Comments(2)