<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あっという間の1年   (12.31)

 2007年も、もうすぐ終わります。
何とか無事にここまでたどり着きました。
朝布団を出る時、「今日もつつがなく過ごせますように」と思い、
夜は、「やっと今日も生き延びたっ」疲れやすい体をなだめすかしての
日常ですから、毎日が幸せの青い鳥といる感じです。
家族は、私が日中でも横になったりしているのを見ていますから、
その上に、「だるいとか疲れた」と言えば心配させるだけ、と
思い、気を遣う場合もあります。
いじめにあっている子が、親に言えない状況が理解できます。 

 お陰さまでこのブログも満2年になりました。
当初は、私でもできるっ、うっれしい‥そんな感じでしたが、
ルールやプライバシーなどなど、段々考えるようになりました。
書いたのを削除したり、混乱した頃もありました。
拙いブログですが、読んでくださって感謝しています。
来年もお付き合いくださいませ。
本当にありがとうございます。

by ellwangen | 2007-12-31 21:17 | Comments(0)

さあ、始めるぞ~。   (12.18)

毎日頭の中を、年賀状がパタパタ飛んで右往左往。
本日やっと年賀状書こうモードに気分が突入。
まずはこれからパソコン廻りを少し片付けて、
辺りを清らかな雰囲気にしなくっちゃ。
お菓子の品質表示ラベルや、農業簿記関連の領収書などが散乱。
毎日整理するためにここに座るが、ついオークションなどを覗いてしまい
時間はあっという間。
さっき地元の郵便局に行ったら、印刷屋の事務員さんが、書き損じとかで
交換に来ていました。
サンタさんに持たせても遜色がないくらいの袋に詰めて持参。
局長さんが「ここには在庫が6千枚しかなく交換できないので、
駅前〒に2万枚ありますので、」と手配をしているところでした。
失敗した人はどんなに叱られ、落ち込んでいる事か‥‥。

by ellwangen | 2007-12-18 16:48 | Comments(4)

地産地消の音楽活動  (12.1)

f0020336_201598.jpg

Kyoさん、昨夜のコンサートは、「コンドルは飛んで行く」でオープン。
少人数でしたから、ホームパーテイという感じでした。
「花祭り」は踊りだしたくなりましたよ。
f0020336_2015421.jpg

チャランゴという楽器、これ実物のアルマジロですって。
さすが民族楽器だなあと、触って見ました。
東京での公演は、好きな人が沢山集まってくれるが、
秋田では絶対数がないし、大変だそうです、
逆に都会からわざわざ来てくれる、お客様もいるそうです。
秋田で、音楽の地産地消をめざしていると興味深い発言をされました。
遠くの神様が尊い、と言うことわざがこっちにはあります。

 全県の学校の音楽鑑賞会の講師に要請されて、歩いているが、
大曲方面からの要請が、きわめて少なく今回特にこの場所での演奏会に
拘ったのだそうです。
そのなぞは簡単に解けました、芸術関係は全てわらび座におまかせで、
あとは全ての学校が右に倣えの、発言がありました。
立派な劇団があるし、なるほどです。
東京から原さんが落ち延びてきて、しばし疲れた羽を休めた
場所が、本家です。英気を養いやがてわらび座を創立した話を晩年の
義雄おじから繰り返し聞かされましたが、興味のない私は上の空でした。
お年寄りの話は、聞かせてもらうと言う気持ちに60歳間近になってなりました。

 私もハーモニカは何とか吹けるから、サンポーニャを練習しようかなあ‥
聞きましたら、ドもレもミもファソラシドも吹くだけで、
吸うところがないのだそうです。
音は初心者も出せるが、そういう事情で最初は頭が真っ白になるとの説明に
始める前から挫折しました。


by ellwangen | 2007-12-01 20:38 | Comments(10)