<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

都忘れ   (5.29)

f0020336_20115274.jpg

 半木陰の下で、都忘れが咲いています。
私の一番好きな花です。
いっぱい殖えて欲しいので、お日様の当たる一等地に植え替えても、
樹や、大きな葉の植物の元に移動していきます。
慎ましやかな清楚な花で、私と正反対?だから憧れるのかも。
 午後、ラジオから橋幸夫が、♪山のロザリアを歌っているのが聞こえて来て、
新鮮な思いで聴きました。
とても意外でしたか、ジェンカなどと一緒にアルバムに入れた彼の思いを聞いて、
共感しました。
人と人がもっと触れ合って欲しい、との思いを込めたそうで、全国を
回るそうです。
私達の年代は、ジェンカやオクラホマミキサー等のフォークダンスは、
曲が流れたら、自然に今でも踊れます。

by ellwangen | 2008-05-29 20:13 | Comments(5)

仙人山   (5.25)

            秀衛古道
f0020336_2026525.jpg

        樹齢900年 高さ30mカメラが届きません。ウエスト11、5m
f0020336_20241751.jpg

秀衛古道と呼ばれる山道を歩きました。
さすが、唯の登山道ではなく斜面に石垣を組み、補強した場所や、
先祖秀忠を祭った久那斗神社、樹齢900年の姥杉(日本の巨樹100撰)を
見ながら、いにしえのここを通った人々‥想像を膨らませました。
以前は樹齢900年といっても、誰が証明したのかしら?と
疑問でしたが、歴史上の古道にあるのが解り、納得しました。
秀衛古道は大石に続きますが、分かれて私達は姥杉から登山道に入り
仙人山(882m)に向かいます。
(横手から107号線、岩手県の錦秋湖の向かいの山)
しっかりした秀衛古道になじんだ足には、滑る登山道はきつかったです。
頂上では、お弁当を広げられるくらいに空も落ち着きました。
ぶなの森を渡る霧は、なんとも言えない位素敵な景色です。
(青春時代に恋人と2人で、こんな景色の中を歩きたかったなあ、)
何とか今回も皆さんと一緒に行動できましたが、
登りはきつく感じました。
スイスの山でダウンしないように、もう少し運動をしておかなくては‥

by ellwangen | 2008-05-25 20:18 | Comments(2)

満点星   (5・21)

f0020336_2021759.jpg

 満点星と書いて、どうだんつつじって読むことを
山下景子「美人の日本語」、お昼寝前の読書(優雅でしょう?)
で今日初めて知りました。
この本は3年前、入院した時にMさんが持ってきてくれたものを、
読み返しています。
しっかり読んだつもりでしたが‥‥。
そんな訳で、被写体の根元で仰向けになりパチリ。
(今日お天気は良かったのですが、風が強くピンボケはそのせいかな)
トチとクロベに挟まれ、1m位しかない木ですが、健気に咲いています。
岩手の営林署の下草刈に行っていた、親戚のおじさんが刈られる運命の
この木を、20年位前に我が家に植えてくれたものです。
数年前に虫が入り、根元から大量のオガクズを出して折れてしまい、
もう駄目かな、と思ったのですが、見事に脇から発芽して再生。
見習わなければ。
薄紅色ですから、更紗どうだんという種類と思います。

by ellwangen | 2008-05-21 20:17 | Comments(4)

よめ しゅうと   (5.20)

 kyoさん、いつもコメントをありがとうございます。
採り立て野菜を喜んで嫁さんに食べてもらえて、おしゅうとさんは
どんなにやりがいを感じているか、想像できます。
私も嫁さんとは別居ですが、「うれしいっ、助かる」と言われれば
自分が食べなくても上げたくなります。
自分と姑のこれまでの年月を振り返えると、いろいろありましたが、
「嫁さんには絶対言ったり、してはいけない事」を学べた事が
収穫かな?
嫁姑については、沢山たくさん話題がありますが、ブログには
書きにくいものですね。

by ellwangen | 2008-05-20 20:41 | Comments(1)

畑が呼んでいる   (5.15)

f0020336_2154680.jpg

 ヨモギ摘みも終了しました。
今週末から田植え、来週からは
遅霜の心配もなくなり、いよいよ畑仕事が本格化します。
暖かいハウスの中で、ナスの苗がスタンバイしています、
今まで箱入り娘状態で育てていましたが、これからは
風に少しづく慣らし、逞しくしてから畑に運びます。
手前左はモロヘイヤ、右は南瓜です。
今年から、味噌煮用の大豆は、大森の親戚から貰える事になり、
楽になりました。
お赤飯用のならちゃ小豆と、豆餅用の黒豆、それに漬物用の
ナスが重点品目です。
減反には小麦が植えられていて、青々とした中を春風が
渡って行きます。(でも収量はさっぱりです、減反を確かにしていますと
証明する為にだけ栽培しているような感じです)

by ellwangen | 2008-05-15 21:21 | Comments(1)

長い生命線   (5・13)

 花束を受け取ってくださったお三方、ありがとうございます。
たまにはぼや~と何もしないで、スズランの庭でお茶を飲んだり
読書をしたりする余裕が欲しいのですが‥。
スローライフはなぜか忙しい??
この調子では後期高齢者になっても、駆けずり回っていそうな予感。
末期高齢者になったら、やっと余裕がでてくるのか?
この前、会議の途中、じいっと自分の手のひらを眺めていたら、
終了後、隣の人が、「生命線がずいぶん長いこと、長生きできるよ」
もうろくして長生きはしたくないし。
血液型は全く根拠がないと、私は確信していますが、
手相は果たして?、これからネットでちょっと調べに行ってきますね。

by ellwangen | 2008-05-13 21:10 | Comments(0)

 小さな花   (5.9)

f0020336_17514854.jpg

気がつけば、もう初夏。
私は連休中はどこにも行かず、畑の仕事に集中。
ここ3日ばかりは、ヨモギ摘みをしています。
重曹で茹でて、しっかり水切りをして冷凍します。
街の菓子屋さんのみならず、農家直売の餅菓子も殆どが
材料屋さんから買う、ヨモギ粉末を使いますので刻んだ葉っぱが見える
だけで、お客さんは感激してくれます。
平野部は大きくなってしまい、苦味がまし使えませんので、
山にでかけ、北斜面で残雪があった場所がまだ若葉です。
ウグイスが私の為にだけ(?)啼いてくれ、のどかな至福の時間です。
仕事をしている気がしない、無為の時です。
でも指は、イラクサで引っかき傷、アクで真っ黒。
(逞しい黒い指を見ながら、白魚のような指に、宝石を飾る
身分になりたかったかなッ‥乙女心がよみがえります)
もう1回摘みに行けば、今年の作業は終わりそう。

 スズランやスミレが、庭中に繁茂しています。
スミレは匂いませんが、スズランはとても清潔な香りです。
この花束を、
ブログを読んでくださる、お一人お1人、お顔を思い浮かべながら作りました。
差し上げます、どうぞ。

by ellwangen | 2008-05-09 19:54 | Comments(3)