<   2008年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

大森公園、眺望の小道   (6.25)

f0020336_20325010.jpg

 毎日1時間位は、運動の時間が欲しいのですが、かなわぬ夢です。
自営ですから、やれない訳はなさそうですがなかなか‥。
せめて週2回はと決意しますが、仕事が優先でどうも‥。
そんな訳で不定期ですが、今日は大森公園に出かけました。
1週間歩かないと、体の中が淀んで滞留しているのが実感できます。
こりゃ大変と急かされるように始めます。
大森公園は様々なコースがあり退屈しません。
設備もよく、本を持って、木陰で避暑もよさそう。
今日のコースには、小道の脇一面にワラビが生い茂っています。
こんな誘惑に負けている場合ではないと、戒めつつ、
ザックからレジバックを探し出し、ワラビ採りおばさんに変身。
両足に1kgづつの重りを漬けたまま、ワラビ採りで
鍛えてきました。
大きなワラビはとれませんが、熊さんもいないし、まだまだ沢山ありましたよ。
ぜひ奥山にいけない方にお勧めです。
ニンニク入りワラビたたきと、おかかをかけたお浸しが美味でした。

by ellwangen | 2008-06-25 20:52 | Comments(8)

感謝   (6.16)

f0020336_20474166.jpg

           こぼれ種からあちこちにジキタリス
地震にコメントやメールを頂戴しました皆様、ありがとうございます。
いつ何が起こるかわかりませんね。
変わり映えのない平凡な毎日が、いかに奇跡のようなありがたい
事だと改めて思い知らされます。

 私も胃の全摘出手術から、この20日で3年経過します。
術後、主治医に「腸の一部が、胃に変化するって聞いた事がありますが?」
先生、冷静に曰く「なりません」
畑で草むしりをしていると、ミミズが出てくる事があります。
口から入れて、肛門まで直行のミミズが下等生物だなんて今は思えません。
胃がなくても、少し原始の器官に帰った、進化の逆戻りで
私も生きては行けそう、といとおしく
「よう、同輩”達者でな」と言う感じになりました。
あれこれ不調を訴えて、周りの方たちを困惑させないようにしたいし、
できる事を見つけて、一生懸命に。
まずは3周年記念と還暦記念の、スイスハイキングが7月の初めに迫ってきました。
機内には、リックサックを背負い、搭乗します。

by ellwangen | 2008-06-16 21:21 | Comments(3)

地震   (6.14)

 その時私はラジオを聴きながら、いつものように、
40cmの天ぷら鍋を2つかけて、さつま芋の天ぷら作りの最中でした。
ゴオウーという今まで聞いた事のない音がして、あれっと思う間もなく
ラジオの地震速報で、ピンポンパンの音が終わらない内に
激しい揺れが来ました。
30年の周期で、やっぱりとうとう三陸地震が来たんだっ、
と思いガスを消し、外に出て、
居間にいるはずのばあちゃんを探しに行ったら、
よろけながら、棚から落ちてきた飾りを元の場所に戻そうと必死。
外に連れ出し、落ち着いてから工房に戻ったら、
両方の油鍋は空で、床はネズミ捕りのべたり状態。
ばあちゃんを探しに行かないで、ここにいたらやけどをしていたかも?
それにしても、地震があんな音とセットになってくるとは、初めての体験でした。
横手は震度5弱でしたが、すぐ近くは泥炭層ですから私の方は
強かったかもしれません。

by ellwangen | 2008-06-14 21:24 | Comments(3)

早苗振り(さなぶり)   6.08

 今日は村の早苗振りでした。
私が嫁いできた頃は、田植え作業の労をねぎらい、
日がな一日中、野原のゴザの上で、飲めや歌えの宴でした。
雨天の時は、田植え作業を一番皆さんに来てもらっているとの事で、
我が家が宿になる慣習でした。
(疲れた体で晴れてくれ~~、と前日一日中掃除
と皿を出してきて揃えたり)
外でやるにしても、女性たちの準備や片付け仕事が大変で、
いつの頃からか、日帰り温泉旅行になりましたので
じっくり温泉で休めるようになり、楽になりました。
今年の目的地は「柵の湯」、その前に堀田の柵に。
歴史ビデオを見てからの見学。
蝦夷を平らげた後の、中央官庁の出先機関だったとの事。
そこで思い出したのですが、
青森では、ねぶたの最高できばえに、「坂之上田村麻呂賞」が授与されていた
が、祖先を殺りくした敵の大将の名を冠したのが最高賞?と声があがり、
この賞をなくしたというニュースを去年だったか、聞きました。
東北に住む私達まで、朝廷側に立って歴史をみていたことに、
最近は皆が気がつきはじめ、地方からの新しい視点論点で
生きて行かなければ‥。
(さて、せば何としたらいいんすべな???)
 同じ村にいても、なかなか会えない人もいますので、
情報交換にいい機会でした。

by ellwangen | 2008-06-08 20:45