<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スイスの思いで   (9.19)

 秋田市の奥村さん達が、アトリオンで
「スイス・アルプスー氷河 花 絵画 書 木彫り 写真展」を
開催しているとの連絡があり、今日鑑賞してきました。
数週間前に、友達が大平山の前岳登山中、追い越して行く男性がいて、
その方が奥村さんで、その時、今回の事をお聞きしたそうです。
今朝の魁新報にも、取材を受けて掲載されていましたが、
30数年の間を置いての、今回のトレッキングだったそうで、
氷河の激減について痛感しておられました。
秋田市の皆さんは、多才なメンバーでため息が出ました。
特に絵は、描くところを傍で見ていましたから、感慨もひとしおでした。
美術の先生だった佐藤さんに、「トゥーン湖のあの絵は?」と
お聞きましたら、展示しきれないのでと持ってきて、
見せてくださいました。
大沼さんという女性の方も、休憩の間にクレヨンでサッサッと
あっという間に描き上げていて、魔法の様でした。
今日会えましたので、どうすれば上手に?とお聞きしましたら
美大卒だそうです。(ガクッ)
写真は、クライネ・シャイデックホテルです。
家具 絨毯が全て19世紀の調度品で、イギリスの貴族やアルピニストが
利用したホテルだそうです。
私達が使った食器は全て銀製品だったとは、今日の奥村さんの書いた
パンフレットで初めて知りました。
ホテル到着後、応接間でオーナーからホテルの歴史を聞きながら、
ウエルカムドリンクをいただきました。
山靴を履かれない訳が解りますね。
来年の今頃又泊まりたいと思っても、予約は満杯との事。
ガイドブックで見た宿泊料は、2万5千円から4万円位でした。
こんな風にしてみれば、今回の旅は高額ではないと思います。
f0020336_20573258.jpg

f0020336_20525542.jpg

f0020336_2105437.jpg

翌朝、ホテルから見えるアイガーです。
まだ始発の電車は来ませんので、昨夜の終電車が去った後は、
日中の喧騒が嘘のような、宿泊客だけの贅沢な静かな時間です。
山上ホテルで、部屋の窓から、刻々と変化する名峰と
心行くまで対峙できた幸せ。

 なかなかブログまでたどり着けずに、挫折しそう、
それにコメントに、お返事も書かずに申し訳ないです。
せっかく来ていただいたのに、いつも留守にしてしまい、
2週間に1回位、お運びいただければ嬉しくおもいます。

by ellwangen | 2008-09-19 21:20 | スイスの思い出 | Comments(2)

スイスの思いで   (9.2)

  GENさん、kyoさん、いつもありがとうございます。
kyoさんは手芸意が得意ですので、お二人が友達で、
手作り座布団をプレゼントしたのかな?と早とちりしました。
最初の写真が大きくならない事が解ったまま、送信してしまいました事を
お詫びします。
最初文章を書いて、プレビューしながら、かなり推敲します。
それから、要所要所に写真を入れます。
またプレビューして納得できたら、送信スイッチonなのですが、
年に2回位、削除スイッチonしてしまいます。
(本当に削除しますか?と聞いてくれればいいのに、何しろ
無料ですから、文句は言えません)31日はその失敗をしてしまいました。
思い出し、焦って書き、写真を入れる場所を間違え、削除してやり直し
たら×印。
これ以上いじるとめちゃめちゃになりそうで、断念しました。
拡大して見ていてくれている様子が伝わってきて、とてもとても
嬉しいです。
過分な評価を頂いて恥ずかしいです。
メールのほうには、辛口の友人から「いよ~、宝塚~」とヤジが来ますよ。
今日、一緒に行った友人が、旅行をきっちりレポートにして届けてくれました。
さすが、数年前まで県の職員だけあって、どこを突かれてもいいように
支出もきっかりと並べられていて、私も参考にします。
お口直しにお花の写真をどうぞ。
日本でも見られる仲間の花が沢山ありました。
f0020336_2112490.jpg

f0020336_21135257.jpg

f0020336_2115284.jpg

f0020336_21155486.jpg

f0020336_21165135.jpg

by ellwangen | 2008-09-02 21:19 | スイスの思い出 | Comments(1)