<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

桜が咲き始めました   4.30

f0020336_1950250.jpg


 水仙は花壇にあるより、水辺が似合います。
やっと桜がポチポチ咲き始めました。

 10日ばかり、運動らしいことをしていないので
体が鈍っている感じで、すっきりしない。
仕事はきりがないし。
午後の仕事はやめて、ウオーキング。

 昨日のラジオで、「人生は短い仕事をしている暇などない」
のフレーズ(どこかの民族の言葉だったか?)
に、なるほど…身につまされる。
狩猟で生活をしていた先祖は、狩りに使った時間は
1日3時間位で、あとは自由時間だったそうです。
農耕時代に入り、穀物は保存ができるので
働けば働くほど富が増すので、
現代に通じる労働時間になったとのこと。

 昨日、駅前派出所のお廻りさんが見えて、
おれおれ詐欺グルーブから、押収した名簿に
私の名前があり、注意喚起と共に、
もし彼らから電話があったら、騙されたふりをして、
貰えないかとの依頼、承諾したが、
なぜ私の名が?。
株関係に覚えがありますか、と訊かれたが
全く関与なしだし、サラ金も皆無だし。
通販などは、数えきれない位利用しているので、
そっちから
情報が流れたとしか思えない。
警察官も名簿に掲載されていたそうです。
気味の悪い、時代です。


by ellwangen | 2013-04-30 20:17 | 日々思う事 | Comments(0)

ミラーレス一眼カメラ 4.18

 一眼レフカメラで写したら、もう少し雰囲気のある
山の写真が私でも撮れるのでは…。
孫の写真も背景をぼかして、かわいらしく撮れたら、と
カメラ雑誌を3冊ばかり読んで、
軽さと入門者向けにこだわり、
プロが推薦するミラーレス部門の、上位にランクされていた
ソニーの、このカメラを購入しました。
本体は、コンパクトデジカメと同じ重さですから、
私でも楽に持ち運べると思ったのですが、
この望遠レンズを装着したら、500gでした。
山では、私にはやっぱり重そう。
広角レンズも同時に買ったので、こっちなら
何とか持てそう。

 孫をモデルに練習をすれば、おもちゃと勘違いして
私から貸してもらうまで泣くし、
寝ているところを写そうとすれば、
シャッター音が高くて、目を覚ますので、
設定で、小や消音にしても動画などには
反映するが、シャッターは高い音のまま、
もしや故障では?と調べたら、
盗撮予防のため、低くできないようでした。

 最初カメラのキタムラで、中古を探そうと思ったのですが、
ネットで探した新品と似たような価格。
同じ機種でも、ネットでも1万円以上の価格差がありました。
おいおい勉強していきます。
f0020336_200218.jpg

by ellwangen | 2013-04-18 20:36 | やってみよう | Comments(2)

縄文

 週末には、台風並みの低気圧が来ると、ニュースは注意を
呼びかけている。
去年の、恐ろしい爆弾低気圧が思い出される。

 今日は、清明にふさわしい穏やかな晴天。
大戸川端を散策してきました。
まだ帰らない白鳥もいる。
(私が白鳥だったら、きっと早めに旅立つ
タイプと思う)
f0020336_20141740.jpg
f0020336_20143881.jpg

 オホンとは、古老のまことしやかな話によれば、
若い美貌の未亡人だったそうな。
記録にもない事をなぜ知っているの??
明治、大正の出来事ならいざしらず、
伝承とは、面白おかしく伝えられていくものなのかも…
この対岸には、昔っこの「五郎兵衛渕」の
渕のあった場所の記念碑があります。
今は改修され、静かな1級河川ですが、
私が嫁いできたころは、両岸はジャングルの様に
樹木がうっそうと生い茂り、様々な鳥の鳴き声が
止まない、氾濫する暴れ川でした。
黒い、すばしこい鳥が泳いで渡っていましたし。
あれが、川の名の由来の鵜だと思いました。
大昔は、鵜渡川と書いているそうです。
連れ合いは、子供の頃夏休み前の子供会で
五郎兵衛渕には行かない事と、決めたそうですが、
柳の木に登り、そこから渕の底までダイビングは
楽しかったそうです。

by ellwangen | 2013-04-05 20:26 | 散策 | Comments(0)