<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

食品包装容器   9.19

 きのうは、秋田市のアルヴェで開かれている包装用紙や、
食品加工機械などの展示会を見学に行ってきました。
杵でペタンペタンと突く機械、欲しいなあとお値段を聞けば190万円。
真空包装機械なども、とても興味がありました。
自分が作っている菓子に使えそうなトレーや、パンフレットを
もらっていたら、手提げ袋が4つに増えて、
両手がふさがってしまいました。
現在日本で一番「売れている漬物は、
東海漬物さんの、「きゅうりのキューちゃん漬け」だそうです。
陳列棚の下に並べておくと、
蛍光灯の光で色が、黒っぽくなり悩んでいたそうです。
それが、紫外線の影響を受けない真空包装袋ができて、
その悩みが解決したとの事。
わたしもヨモギを練りこんだ餅で、同じ経験があります。
きれいな緑が、翌日には黒っぽくなります。
化学合成着色料を使えば、いつも同じ色を保てますが、
農家が作るお菓子ですから、そんなことまではしたくないし…。
包装資材も結構高価で、悩ましいところです。

f0020336_15543842.jpg

綺麗で、見ているだけで楽しい容器。
今は簡単に開閉できる、嵌合蓋付きの時代です。
わたしのいも揚げも、容器を考えなくてはと思っています。



    娘と孫が作っていたら、いつの間にかばあちゃんも参加して、
張り切って種とりを楽しんでいたそうです。
f0020336_1663737.jpg

by ellwangen | 2014-09-18 14:50 | 日々の暮らし(食べ物) | Comments(2)

豆の木?  9.11

f0020336_1984023.jpg


 蔓ありインゲンが、電柱の控え線をどんどんよじ登っています。
もう脚立も役にたちません。
インゲンには、蔓ありとなしの品種があります。
蔓なしは、筋っぽく若い莢でしかおいしく食べられませんが、
蔓ありのほうは、かなり莢が大きくなってもおいしく食べられます。
直売コーナーでは、年配の方達は蔓の有り無しを
聞いてきます。
そして、こっちが煮しめにはおいしいのよ、と
買ってくれます。
我が家では、おかかや肉と一緒に煮付けたり、和え物にしたり、
細いのは、お浸し天ぷらなどにしています。

今、 孫を膝に抱いて書いています。
「ばあちゃん終わったら、ユーチューブでアンパンマンを見ましょうね」
と、今のところ、おとなしくしています。
この方法でやれれば、もう少し頻繁にブログが更新できそう。
8時には、私と入浴してお休みです。

by ellwangen | 2014-09-11 19:24 | 日々の暮らし(食べ物) | Comments(4)