<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

竹の子芋   12.18

f0020336_16193164.jpg


 厚木市の友達から、珍しい芋が届きました。
竹の子芋という名前の、八つ頭の仲間で、茎はサトイモそのものです。
芋の部分は、20cm位で茎をむいていくと、
中も芋が詰まっています。
昨日、早速おでんに入れてご馳走になりましたが、
粘りはなく、ほっこりとした食感でとてもおいしいものでした。
皮をむいていると、手がかゆくなりますが皆がおいしいと食べてくれます。
早速お礼の電話で、横手でも植えたいと言いましたら、
この芋を、土の中に入れ保管して、春に掘り上げて定植するそうです。
新聞紙にくるんで、温かい部屋に置いたらこっちでもできないかしら?
やってみます。

 厚木の方では、初夏にジャガイモを収穫して、それから
また植えて、この前収穫したそうです。
ジャガイモを、年配の人たちは2度芋と言いますが、こちらでは
2度は無理です。

 それにしても、大雪です。
我が家は、屋根の雪下ろしを済ませました。

by ellwangen | 2014-12-18 16:37 | 日々の暮らし(食べ物) | Comments(0)

 大雪です   12.09

f0020336_16522856.jpg

 今からこんなに降り積もって、どうなるのかしら……
怖くなるような降り方です。
畑に行けば、ブロッコリー、ホウレンソウ、春菊などが
残っていますが、まだ降らないだろうと油断していて、
雪の下になってしまいました。
もう根雪でしょうね、あきらめましょう。
一人暮らしの家庭は、どんなに心細いかと案じられます。
 庭の柿の実にムクドリが集まってきて、賑やかにつついています。

 昨日8日は病焼きの日でした。
現在は国民の祝日でも赤飯は、特に売れる訳でもありませんが、
普段でも焼き餅は注文を含め、よく売れます。
私たちの世代は終戦直後でしたから、
(戦争が終わって団塊の世代などとは、知る由もありませんでしたが)
甘いお菓子が思うように買えませんでしたから、
母が作る焼き餅は貴重でした。
囲炉裏端、両親、妹や弟と過ごした幼い日が浮かんでくる
食べ物です。

 毎日の買い物で、食料品の値段が高くなってきている
のが分かります。
家計にあまり響かないようにと、スーパーの中をぐるぐる
まわりながら品定めしていますが、どうにもなりません。
ため息をつきながら、しょうがないなぁと買い込みます。
(ちなみに家計簿は、パソコン上の「Let´s 家計簿」です)

by ellwangen | 2014-12-09 17:52 | Comments(2)