月山から湯殿山へ   7.28

 26日は、横手を5時半頃に羽後交通のバスで出発して、
月山登山口に向かいました。
何回か登っている山ですが、
湯殿山に縦走するコースは初めてです。
登りはじめから、霧や雲がせわしなく流れ、
眺望は期待できないと、あきらめました。
それでも、高山植物の種類の多さに、力を得て歩を進めました。

 頂上に行って戻ってくるコースでしたら、
最悪の場合、「私はこの小屋で待っています」
も可能ですが、今回はエスケープルートもなく、必至でした。
写真も数枚撮りましたが、霧でぼやけて使えませんでした。
風が強い場所があり、吹き飛ばされそう。

 
f0020336_19454869.jpg

 やっと着いた月山頂上の三角点
勾配が75度のアルミハジゴ、250M位の高低差を
慎重に降り、沢になっている登山道を降りているとき、
私の前を歩いている、単独行の白装束で、70歳手前位の女性
が、歩き方がおかしくなり、すぐ、水の中に座り込んでしまいました。
急がなくてもいいですから、ゆっくり行きましょうと声をかけたら、
「足がつってしまいました、どうすればいいでしょう」
薬を持っていますかと聞いたら、ないとの事。
私も足攣りはよくおこしますので、ポケットからだしました。
筋肉を弛緩させますので、妊婦さんは服用できません。
持病は?と聞いたら血圧の薬を服用と言います。
飲ませるべきか、一瞬悩んでいたら後ろから、
いつも救護を担当してくださっている、長沢さんの姿が見えました。
事情を話したら、飲んでもいいからと素早く処置をしてくれました。
お任せして、私はまた慎重に降りました。
後で聞きいたら、すぐ痙攣は収まり歩けるようになり、
とても感謝されたそうです。

8時間半位の行程、 全員無事に下山、良かった。

 国民休暇村羽黒に一泊、
翌日は、羽黒山神社散策と、観光客の歩かないトレッキング
コースを歩き、休暇村ni戻り、入浴とお昼をいただき帰途につきました。

 帰りに寄った土門拳記念館は、戦争の前後の様子の
企画展開催中でした。
聞きたくもない国会中継を我慢して、今は聞いていますが、
こんな事になりませんかと、
阿倍さんに解説してもらいたい写真ばかりでした。
f0020336_208947.jpg




f0020336_2083043.jpg
f0020336_209081.jpg
f0020336_2091627.jpg

# by ellwangen | 2015-07-28 20:21 | 山のあれこれ | Comments(0)

 ヨハン大公のヨーデル  7.21

Angela Wiedl, Melanie Oesch, Herlinde Lindner - Erzherzog Johann Jodler & Zillertaler
Bravourjodler

 ヨーロッパアルプスの歌声、ヨーデルが好きです。
一番私たちに馴染みのある曲は
「ヨハン大公のヨーデル」ではないでしょうか。
最近は何かと忙しく、歌声の会に参加して思いっきり
歌うこともできなくなりました。
(夜の集まりですし、体力もなくなりました)
そこでユーチューブで、
一人歌声の会を時折して、ストレス解消。
上のアドレスをコピーして聞いてみてください。
3人の女性が、とても誠実な歌いかたで、好感が持てます。
自分もコンサートホールにいるような感じと、
あの景色と涼しい風が、心にそよいできます。
雄大な峰々と草原に、いつかきっとまた…
いつの間にか心に翼がはえ、彼の地に飛んでいます。


# by ellwangen | 2015-07-21 20:25 | Comments(0)

工房新築   7,19

 私は平成12年から、
菓子製造業、仕出し弁当業の許可を受けて、営業しています。
現在は、娘が手伝ってくれるようになり、、
施設が手狭になり、思いきって、新築に踏み切りました。
18日が地鎮祭でした。
f0020336_19492563.jpg


 当時も、県や市では、農業の6次化が急がれていて、
最初に取り組む呼び水役の人を探していて、
急かされるように、自信のないまま、
後ろから、押されるように始めた仕事でした。
私の家は、明治38年につくられた家で、間取りは
1間が180cmではなく、もっと短い江戸間という寸法だそうです。
物置をリフォームしての工事でした。
製造室は8畳あること、という法律だったのですが、
保健所の担当の方が、1間が、180cmでなければだめだとは書かれてはいないし、
8畳は確かにあるし、工事を進めていいとOKをだしてくれました。
包装室もしかり。大岡越前のような裁きでした。
現在は、横手市でも数えきれない位の加工業ができました。
最近は、保健所が来るたびにせまい狭いと言われますので、
思い切って新築に踏み切りました。
18日が日が良いそうで、地鎮祭となりました。

人生は重き荷を背負いて云々,という言葉が浮かんで
来ますが、背負う体力と気力がまだある自分を
前向きに歓迎して、乾杯しました。

 リンゴ果樹園の女性後継者やその他数人から、施設ができたら
見学させて、と要望をいただいています。
できるだけ詳しく書くつもりですので、
参考にしていただけたら嬉しいです。


# by ellwangen | 2015-07-19 20:17 | 加工所建設 | Comments(4)

笙ガ岳 (1635.3m)   7.13

 今日の横手は、38.1度で、尋常の暑さではありませんでした。

 昨日は、山の会で笙ガ岳に登ってきました。
私が鳥海山周辺に登った中では、最高の人出でした。
道を譲ったり、譲ってもらったり、北アルプス並みの盛況でした。
何と言っても、今の季節はニッコウキスゲです。
f0020336_19445185.jpg

 鳥海湖を挟んで、笙ガ岳と鳥海山は対峙しています。
向こうが鳥海山頂です。
f0020336_19482559.jpg

象潟口から登り、山形県の大平登山口に下りる縦走を楽しみました。
雪渓の上を歩く時の風は、ひんやりとして心地よく、
木の下も日差しが遮られ、ホッとしました。
かなり暑かったのですが、無事に終える事が出来ました。
少なくて見積もっても、50種類位は花が楽しめた山でした。
f0020336_1955132.jpg


# by ellwangen | 2015-07-13 19:55 | 山のあれこれ | Comments(0)

国土地理院以外にも3角点があるそうです   7.3

  横手山岳協会の、公式ホームページ上で、
御嶽山の記事を読まれた、市内のSさんから事務局にメールが
あったそうです。
早春の登山で、
私たちが国土地理院設置の三角点と認識して、
こんなところにあったのかと感激していた石柱は
農商務省山林局設置(明治時代はこうよんでいたようです)の主三角点というものだとの、ご指摘を
いただいたそうです。
連絡を受けたGさんは、今日御嶽山に確かめに行ってきたそうです。
国土地理院の三角点と認識してしまっていた主三角点の
奥に五分程、藪を漕いで行くと、国土地理院の三等三角点が
確かにあったそうです。
4月27日に、私もブログにこのことを書いています。
山のことですし、正確を期する為に、
追記、もしくは訂正を
お願いしたいと、写真を添付してメールをもらいました。
f0020336_20174168.jpg

    こちらが国土地理院の三等三角点。
杉の落葉などを綺麗に片付けてから、写真を写した様子。
7月の藪こぎは、さぞかし難儀だったと思います、
それに熊も生息しているし。
Gさんはきっと赤いテープで、印をつけてくれたと思います。
来年の早春が楽しみです。
指摘をしてくださった方は、山好きの営林署関係者かしら…。
おかげさまで、私も注意深く3角点をこれからは、
見つめる事ができそうです。

# by ellwangen | 2015-07-03 20:09 | 山のあれこれ | Comments(2)

エーデルワイス  6.25

f0020336_20314515.jpg
f0020336_20313094.jpg
 横手の今日の気温は31度。
畑はもちろん、田んぼは、川やダムの水が細くなり、
番水(ばんみず)(銘々が自由に入れていたのをやめて順番に使うこと)
が始まった水系もでてきたそうです。
井戸小屋を持っている人は、ポンプを作動させて、
地下水を勢いよく田んぼにいれています。

 エーデルワイスが咲きました。
友達が、ツェルマットの駅前で種を購入して、増やしたものです。
去年、私は鉢にいれ、あんまり液肥をしょっちゅう与えたのものだから、
巨大化して、花は大きいし、茎も40㎝位。
今年は思い直して、1か月前に西日の当たらない場所の
土に植えました。
綿毛に覆われた花びらのように見える苞葉は、日本の夏は暑いなあ、
参ったなぁと思っていることでしょう。

 2008年、スイスのトレッキング中では、
見る事が叶いませんでしたが、
クライネシャイデックの、民家の庭先に植えられているのを、
多くのトレッカーが、取り囲んで、写真を写していました。
チンマリ、ふっくらしていて、高山で頑張っている様子が
よくわかりました。
またいつの日か、是非行ってみたいです。





# by ellwangen | 2015-06-25 20:29 | 山野草と樹木 | Comments(2)

動画  6.20

 今日は、火の中にいるような暑さです。

 数日前、メリーランドのShunさんから
これを見て、とユーチューブの紹介がありました。
パソコンを見ていたご主人が、大笑いしていたので、
びっくりしてのぞいたら、あんまり可笑しくてと推薦してくれました。
アメリカと瞬時にやりとりできる、有難いこのツールですが、
ウーン、コメントのしようがない1コマ。

http://www.youtube.com/embed/V_gOZDWQj3Q?rel=0
# by ellwangen | 2015-06-20 11:52 | パソコンは難しい | Comments(0)

グミ 6.17

 兵庫のおじさんは、夕方から横手中学時代のクラス会が
あるそうで、セントラルホテルに出かけました。
参加者は4人になってしまったそうです。
毎年幹事さんをやってくれていた、書店の会長さんは、
数年前になくなり、その前のクラス会では、
「もうこれで最後にしよう」と提案されたそうです。
分かっていたのかなあ、とおじさんは寂しそうでしたが、
「83歳だから、しゃあないなあ」とも。

 送り出した後、私たちはグミ酒を作るため、収穫作業。
今年は大豊作。
f0020336_1738585.jpg

粒が小さいので、今度びっくりグミの木が欲しいと思っています。
近所にありますが、
さくらんぼ2~3個くらいの大きさです。
もらってきて、挿し木を試してみます。

 去年の秋、カシスの苗木を注文しました。
エキゾチックなような、トロピカルなような、
印象に惹かれました。
サカタやタキイ種苗では、雪が降る頃に、送ってきます。
そのまま、松の木の根元に寄せて、雪でつぶれないようにして、
春、少し大きい鉢に植え替えて育てたら、見事結実。
毎日つまんでいますが、
まだ果実酒にする分量には、足りません。
甘くて独特の風味、おいしいお酒になること、間違いなし。
ところで、カシスの原産地ってどこかしら?
場所が決まったら、地植えにします。

f0020336_1747343.jpg

# by ellwangen | 2015-06-17 17:20 | 日々思う事 | Comments(0)

腐らないケーキ 6.16

  明日、兵庫からのお客様が見えます。
茶の間は、孫のオモチャやブランコ、ジャングルジム等など、
すっかり遊園地状態で、
とてもお客様にお見せできる状態ではありません。

 急遽、にわかクリーンナップ。
そこで、棚の上から出てきたのが、
箱入りの去年のクリスマスケーキ。
きっと誰かが後で食べようとして、忘れてしまったのでしょう。
驚いた事は、カビ1つ生えず、ペロッとなめてしまった孫は「おいしいっ」
冷蔵庫にも入っていないのに、なぜこんなに完璧???
ラベルの表示を見ても、それらしい添加物も書かれていないし、
不思議~~~~~~~
気持ち悪いなあ、スポンジも作り立ての様。
あるいは、
徹底的に衛生管理された工場でつくられた食品で、
見事というべきか?私はわからなくなりました。

f0020336_1895134.jpg



# by ellwangen | 2015-06-16 18:11 | 日々思う事 | Comments(0)

五葉山 6.01

  昨日、5月31日は、三陸の五葉山(1,341M)に
山の会で登ってきました。
5月に全山がつつじ、その後シャクナゲで覆われるという
有名な山ですが、私は初めて登る山でした。
横手から大船渡市の登山口まで、車で2時間半ほどかかりますので、
そう簡単には行けません。

 登りはじめは、ハルゼミがかステレオのように、
かぶさってきます。
お天気にも恵まれ,素晴らしい眺めの山でした。
頂上付近は風速14mだそうで、飛ばされそうでしたが、
リアス式の海岸線が俯瞰できて、
あっちが気仙沼で、室根山があそこで、
漁師の畠山さんが「森は海の恋人」と言っていて、
植林されていた話を、思い浮かべながら、
海を見下ろしながらお昼をいただきました。

 畠山さんは、「森は海に恋人」が英訳される時、
編集側が提案した、フォレスト イズ ダーリン オブ ザ シー
がしっくりこないでいる頃、
皇后様に謁見する機会があり、この事を話されたそうです。
美智子様は、long for がこのお話にはいいのでは、と
お話されたそうで、
ストンと、畠山さんの腑に落ちた表現だったそうです

 数年前の、月刊の文春に畠山さんが寄稿されていました。

 肝心のつつじは裏年だそうで、ポツ、ポツでした。
シャクナゲも蕾はほとんど見当たりませんでした。
登りが3時間、下りが2時間位で往復できる山ですから、
機会をみて、1泊して、カキを食べながらまた訪れてみたい山でした。
f0020336_16171536.jpg

    五葉山の標識が斜めに…、4年前の地震の影響??
   人間もまっすぐ立っていられない。
f0020336_16174331.jpg
f0020336_1618571.jpg
f0020336_16182746.jpg

# by ellwangen | 2015-06-01 16:23 | 山のあれこれ | Comments(0)