お借りした写真   7.28

f0020336_8174736.jpg


 私が眺める事ができなかった、西穂高岳の峰です。
独標を過ぎ、西穂に向かう登山道と思いますがよくわかりません。
去年、奥大日岳から剣岳を眺めながら、私には登れない山でしょうね?
と聞いたら、「転びさえしなければ登れるよ」とGENさんから
明快なアドバイスをいただきましたが、
この写真をみれば、なるほど、なるほど。

 安曇野のお土産屋さんで、あれこれ探しましたが
なかなか地場産が見つかりません。
野沢菜さえそうでした。
販売者名が記載されていて、製造者名の記載がない商品はが殆ど。
現地で製造されている商品は、
製造者長野県〇〇市-------番地××屋や、
山梨県ーーーーーー地△△会社など
電話番号なども自信をもって記載されています。
販売者が記載されていれば、製造者を書かなくても(隠しても)いいのです。
製造者を見ることが重要です。
消費者を守るより、業界を守る行政システムによる為と思います。
皆様のお買いになったお土産は、信州産でしたか、あるいは、せめて国産とだけ記入されている。
あるいは、海のむーー?
保健所の講習会などで、食品衛生法や、JAS法など、
かなり煩雑で、質問に専門家も、答えられない時もあるほど、
ややこしいので覚え切れませんが、
食品製造にかかわる私からの、プチアドバイスでした。

by ellwangen | 2011-07-28 08:44 | 山のあれこれ | Comments(9)

Commented by GEN, at 2011-07-28 14:42 x
昨日は有難うございました。私の大好きな穂高、高三の夏奥穂に登ったことが、その後の私の人生を大きく変えてしまいました。涸沢をベースに北穂・前穂・滝谷・奥又と何度も足を運び、ハードなロックもやりました。しかし、何故か西穂には行く機会がありませんでした。近いうちに、きっと行きます。
写真は独標から見たピラミッドピークのようです。西穂から数えて11番目のピークが独標、8番目がピラミッドピークです。この間が一番危険な所と言われているようです。
いずれにしても、穂高は魅力的(魔力的?)な山です。
Commented by kimu at 2011-07-28 15:33 x
撮影場所:独標のピークから穂高方面です。ピラミッドピークと思います。その後ろが西穂高岳と思います。
Commented by ellwangen at 2011-07-28 20:28
 お二人様、ありがとうございます。
本当に魅力的で、魔力的な山ですね。
私がリタイアしたのは、、しきりに出る生あくびと顔が
ボヤっーとしてきたからです。
スイスでも体験しましたが、高山病の前兆だと思いました。
(皮下脂肪がない分、外気の影響をまともにうけるのかぁ)
でも、もう登ってくる人もまばらな西穂の懐に抱かれ、一人歩くのも、
贅沢で満ち足りた、すばらしい体験でした。
これからも登れる所まで、付いていきますので
よろしくお願いします。

Commented by GEN, at 2011-07-29 10:19 x
登山者の緊張感が伝わってくるいい写真ですね。さすが、Kimuさん。間違いなくピラミッドピークと、その奥が西穂です。
♪穂高よさらば また来る日まで 西穂に続く岩の尾根 かえり見すれば遠ざかる まぶたに残るピラミッド♪「穂高よさらば」より
Commented by ellwangen at 2011-07-29 16:35
コメントをありがとうございます。
聞いた事がない曲でしたので、早速、ユーチューブで検索したら
出てきました。
吉野光彦氏の作詞でしたね、アルパインツアーや、
絵画にと、すばらしいクライマーですね。
ところが音が出ないのです。
その訳は、パソコンのデスクトップが暗くなり、
見てもらったら、バックランプ切れで、
ただいまメーカー修理に出ています。
暫時メンテナンス会社から借りているこのパソコンには、
音がありません。
楽しみにしています。
今回はN先生が、山の歌集を作ってくださり、
バスで一人づつ歌いながら帰りました。
みんな上手だったり、味わい深かったり楽しかったです。
ぜひ、20周年パーティで歌って聞かせてください。
Commented by GEN, at 2011-07-29 17:32 x
PCが直ったら、是非芹洋子の澄んだ歌声をお聴き下さい。
信大山岳部には、自分たちで歌詞をつけたものが20番位までありました。
訂正、芳野満彦です。私が神と仰ぐクライマーの一人ですので、お間違いなく。
Commented by ellwangen at 2011-07-29 20:56
 ごめんなさい、満彦氏でしたね。
安曇野は、GENさんの青春の地ですから、
思い出もいっぱいでしょう。
吉野氏は、何かでお写真を拝見しましたが、
とてもダンディなおじ様でしたね。
お髭があったような?。
彼の著書をお借りした事があったっけ?
著書は?。
今メスナーの「裸の山」を半分ほど読んでいます。
遠征隊仲間の、陰謀や嫉妬が渦巻く中での登頂、
この前NHKテレビの「グレートサミット」で、ドロミーテで暮らす
メスナーを拝見して、身近に思えます。
それに、最初に買った山のアンダーウエアーメーカーは、
メスナーでしたから。
Commented by GEN, at 2011-07-30 14:16 x
くどいようですが、芳野です。スイスに行かれる前、マッターホルン北壁の日本人初登攀記「われ北壁に成功せり」をお貸ししたことがあります。
冬の八ヶ岳で遭難し両足指を切断「五文足の山男」として有名です。徳沢園の小屋番として二冬越冬し、その間前穂四峰正面壁等に冬期初登攀をやっています。そこらあたりの逸話が、「氷壁」のモチーフになっています。「穂高よさらば」も、小屋番時代に元々あるメロディに詩をつけたものと思われます。
Commented by ellwangen at 2011-07-30 15:32
そうでしたね、あやふやな記憶が今つながり、
思い出しました。
ザックから出して洗濯したものがそのまま、また詰め直し、
次に備えなくては。
暑くて運動する気にはなれません。