画像処理

 そろそろ年賀状が気になる時期になりました。
毎年、来年こそは焦らないようにしようと決心
していますが、貧乏性で
外が雪で覆われないうちは、何かしらの
外仕事が見えてしまいます。

慣れない機種ですから、住所録は作動するかとか、
画像は出てくるか、今下準備。
高山植物の絵を書き、
謄写版の色刷りの賀状をくださる友達。
6ポイント位の字で、はがきびっしりに
1年中の家族の歴史を書き、
[今年ありがとう状]を年末にくださる方もいます。
拝見するたび、尊敬の念と共に、私も少しでも
見習いたいなあと思います。


 パソコンをいじっている最中、
新しい画像処理ソフトを見つけ、
昨日写した写真で、急きょ実験で今道草。
f0020336_5531110.jpg

          なかなかいい感じ
f0020336_6241165.jpg

真ん中に縦に写っている、
邪魔なススキの枯れ葉を、消す方法も覚えなくては。
(写す時に、取り除けば問題なかったのですが、ありのままに
こだわりました)

by ellwangen | 2011-12-07 06:09 | パソコンは難しい | Comments(2)

Commented by GEN, at 2011-12-07 09:38 x
ハワイ紀行、楽しく読まさせていただきました。
今年もガリ版の多色刷り作りましたヨ。年賀欠礼は身内だけにして、友人には「生きているよ」と知らせる意味も込めて出すことにしました。
頭の中ではいいイメージのイラストができていたのですが、いざやってみたらガッカリ。作り直しがきかないので、そのまま使います。
謄写版は絶滅危惧種だそうです。それを使い続ける私も同様かも?
Commented by ellwangen at 2011-12-07 11:17
 コメントをありがとうございます。
GENさんの賀状は、ただ保存しておくにはもったいないので、
右上にパンチで穴をあけ、きれいなサテンリボンを通し、
栞を作り、英語の参考書はさんで使っています。
あやかって私もいつか、
by the way……と、会話ができるように
なりそうで…。