富士山 (2)

 5名、無事に登って下りてきました。
横手発AM6時に乗り、
朝一番の新幹線こまちを利用。

 数日前に従兄弟が、私達のリュックやボストンバック
を積んで、東京の自宅に行っていますので、
ルンルン身軽な私達。
八王子の駅まで迎えに来てくれていて、
それに乗ってまっしぐら。
富士スバルライン五合目で、1時間高度順化をして、
2時40分から登りはじめました。
吐く方の呼吸を、特に意識しながらです。
途中の休憩で外国からの、
若い男性3人パーティから、
どうぞ、とお菓子をいただきました。
嬉しかったです。
私も、お返しのグミキャンディを上げて交流。
お国を訊いたら、イスラエルだそうです。
ダルビッシュ選手のような、背が高く、
切れ長の美しい目で、真っ白い膚。
モデルのような、3人でした。

 その頃は3人とも、元気でしたが、
1時間位たったでしょうか、一人
膝の上に頭を、埋めるようにしてうずくまって
しまいました。
アルパインスイックネス?と聞きましたが、
ノーと、連れが喉を指します。
多分高山病の一つの症状では?
アミノ酸ゼリーを渡し、別れました。
上の方で会えるかなと心配していましたが、
見ませんから、下山したのでしょう。

 今晩の宿、七合目鳥居荘に着いたのが5時40分。
カレーライスの夕食を食べ、寝たのがpm6時40分。
星空を見に外に行った仲間が、
雲海の下で炸裂するカミナリが、とてもきれいと
興奮気味。
私は睡眠優占でした。
河口湖や横浜方面などは、ものすごい雷雨で、
従兄弟の娘さんは、心配していたそうです。

 明日に続く

 




by ellwangen | 2018-08-30 20:02 | Comments(2)

Commented at 2018-08-31 08:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-08-31 14:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。