人気ブログランキング |

阿弥陀様



 ばあちゃんの実家は、近所のお堂の別当さんをしていて、
朝な夕なに親しんでいた仏様があったそうです。
今は雄物川町の、郷土資料館に保管されていて、
お祭りの日にだけ、お里帰りしてくるのだそうです。
最近しきりに懐かしがるので、行って見て写真を写してきました。
印刷して彼女はベッド脇に飾っています。
説明には、阿弥陀如来坐像、室町時代の作品とありました。
高さは50cm位だったでしょうか。黒光りしていました。
私達はややもすれば、美術的価値はどの位とか、お金に換算すればなどと
考えが行ってしまいがちです。
美術鑑賞に関しては、そんな教育しかそういえば受けなかったなあと反省。
心の、拠り所や豊かさを感じられるものを大切にしたいですね。
今一番堕落しているのは、お寺さんではないかしらと思います。
天台寺の寂聴さんのようには、逆立ちをしても無理でしょうが、
もう少し考えて欲しいです。
みなさん、よいお盆をお過ごしください。

by ellwangen | 2006-08-10 21:54 | Comments(3)

Commented by タガヤーン at 2006-08-12 22:40 x
色即是空・・・この世に存在する形あるものは、あの大空に浮かんだ雲のようなもの、刻々と姿を変える、そうして消えてなくなってしまう!形の無くなった人を迎え火焚いてむかえたい!そして束の間、送り火で送り盆、・・・再び様々な形をした雲が湧き出てくるよ栄子さん!
Commented by 栄子 at 2006-08-14 19:52 x
 タガヤーンさん、私はこう考えています。
死に行く人は、様々な葛藤があると思いますが、
懐かしく、恋しく、自分が存在していた事を思い出して欲しいのが、
何よりのこの世に残す望みだと思います。
墓石の前ではなく、普段の何気ない時間にフウーとかすめる程度に
懐かしく思ってもらえたら嬉しいですネ。
(自分の希望になってしまいました)
Commented by さきこ at 2006-10-01 11:47 x
ぱそこん治りました。コスモスきれいですね。くじら肉もおいしかつたね。元気そうで安心してます。