<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ジャガイモ

 今日の日中はこわい程の風でした。
朝は
梅雨らしい、いい雰囲気のシトシト雨でしたので
予報が当たらないで良かったと安堵していたら、
いつの間にか大風。
おかげで、家の片付けがはかどりました。
晴耕雨読、いにしえの農民のようには
心豊かには過ごせないのが現実です。

 こぼれ種から生育したジャガイモを
そのままにしていましたが、西瓜の蔓が伸びてきたので
昨日やむを得ず、除去しました。
可愛い子芋がついていました。(ピンポン玉位)
フライパンで炒めて、醤油と砂糖を絡めて
一品にします。


f0020336_17593469.jpg


f0020336_18002340.jpg

  大根の花、可愛いです。


f0020336_18000048.jpg
 カモミール、
おしゃれに、フレッシュカモミールティー
にして、楽しめばいいのですが、カメムシの匂いそのものです。


by ellwangen | 2018-06-27 19:43 | Comments(0)

鳥海山

 きのうの土曜日、鳥海山に登ってきました。
お天気が良さそうなので、よし行きましょうと
声を掛け合い、3名のパーティで鉾立から
朝7時に登山開始して、ちょうど5時間かかり
御本社に着きました。
登山道の半分は、まだ雪渓でした。
御浜小屋では管理人さんが、笑顔でもうスタンバイ。
花々が咲き乱れ、至福の時を過ごしてきました。

 まだ山開き前なので、大工さん達数人が、
小屋をトントン、キーンと賑やかに修繕中。
そんなにに手を加えなければいけないんだなあ、と実感。
7時ころから2時ころまで、ヘリがピストンで荷揚げ中、
10分掛からない内にすぐきます。

 下山して、御浜小屋にたどり着いたのは4時半頃か、
中では、明日の登頂を目指すグループが、
宴会の楽しそうな声が。

 新山に登る途中に、雪渓があるのも初めて。
両方とも、千蛇谷の雪渓コースを通りました。

 鉾立駐車場で、今夜ここの山荘に泊まり、
明日登る東京から来た50代後半の?ご夫婦から、
山の様子を訊かれました。

 私は、来月に後立山連邦に登るので、
トレーニングを兼ねて、きました。
でも五竜岳は怖いので、私達は唐松岳にしましたと
話したら、
「去年行きましたよ、大丈夫登れますよ
体にロープを巻いてカラビアで鎖につないでしまえば、
自分が落ちてもカラビアが助けてくれます、
そのようにして登りますから大丈夫ですって」

 有難い言葉ですが、平均年齢71歳達には
その技術がないし、唐松岳で正解でした。

下山は四時間かかりました。
ニッコウキスゲは蕾が膨らんでいて、
せっかちさんはあちこちに、数輪見られました。


f0020336_17500988.jpg




 程ほどの登山者がいて、淋しくはありませんでした。
七五三掛から雪渓に降りる位置も変更になっていて、
山男達は親切に教えてくれました。

f0020336_17505986.jpg





by ellwangen | 2018-06-24 17:47 | 山のあれこれ | Comments(0)

朝食中に熊が

 今朝、朝食中に熊が我が家の東、
15m位の距離の田んぼの
あぜ道を走っていました。
娘の食卓が東を向いていますので、
「アレッアレッ、熊が?」と言いますので、
振り向けば、まぎれもなく熊が走っています。

 以前鳥海山の舎利坂付近でみた熊より、やや若くスリム。
あの時は青年という感じでしたが、
今回の印象としては、小学6年か、中1位でした。
家の東の農道に出ると、そのまま突っ走り、
交差する市道を通勤する車に、クラクションを鳴らされ、
こちらにまた急回転してきましたが、
車が途切れるとまたそちらに、走って行きました。

 警察に連絡しましたが、次々と連絡が入っているようで、
我が家に来る直前に、八丁のTさんの家のキッチンのわきを
すり抜けたそうで、
こちらに向かい、そのまま田んぼのあぜ道に入ったようです。
私も近所に連絡しました。
8時ころパトカーが巡回して、拡声器で注意を喚起していました。

 熊も困ったことだろうなあ、と同情しています。
カメラを持って出ましたが、写せませんでした


by ellwangen | 2018-06-21 08:46 | Comments(0)

少し断捨離

 この数日の雨天で、外の仕事ができませんでした。
そこで、思い切って断捨離作業開始。

 いつかはまた着られるだろうと保存していた、
手術前の服。
6月からは14年目に入りましたが、
依然として太れません。
ここまでくれば、もうあきらめがつきました。

 娘には、和服も片づけてと言われていますが、
これだけは、母がどんなにか難儀して恥ずかしくないようにと
揃えてくれましたので、まだそのまま。

 (結婚した昭和45年頃は、嫁さんが持参した箪笥を姑が
勝手に開けて、手伝いに来てくれた近所や親せきのおばさん達に
披露する習わしがまだ残っていましたから)

 ひどい話ですね、今から考えると。

 メリーランドのShunさんから、2日前
梅雨はないけれど、雷雨ですとメール。
森と続いている庭の生き物を、良く送信してくれます。


f0020336_17512259.jpg
       まだ幼さが残っていてかわいいですね


by ellwangen | 2018-06-14 17:56 | Comments(0)